「働き方改革」とワークスタイルの変容~「個」を活かす人材マネジメント

(写真:アフロ)

「時差Biz」の導入

「働き方改革」に関する議論が活発だ。東京など大都市圏の働き方を改革するためには通勤ラッシュへの対応が不可欠だ。これまでも時差通勤の呼びかけはされてきたが、昨年7月の2週間、東京都は出社時間をずらし、通勤ラッシュを緩和する「時差Biz」を初めて導入した。

『朝が変われば、毎日が変わる。』をキャッチフレーズに約320社が参加。個人にとっては満員電車の回避を、企業にとっては従業員の働く意欲や生産性の向上につながると、「時差Biz」による「働き方改革」のメリットを挙げている。

通勤ラッシュを緩和するためのひとつの方法は、交通需要のピークを分散させることだ。朝の通勤ラッシュは午前8時から9時の間に集中しており、特に企業が始業時間を前後にずらすことで混雑率が大幅に改善されるからだ。

早朝出勤し早めに帰宅する、ゆとりを持って出勤し遅めに帰宅するなど、個々人の仕事の特性と事情に合わせた多様なワークスタイルが有効だ。フレックスタイム制度は乳幼児のいる共働き世帯にとっては、朝夕の保育園の送迎など「仕事と子育ての両立」に大いに役立つだろう。

もうひとつの方法は、職住近接により通勤需要を減らすことだ。都心に集中している業務機能を郊外へ分散したり、住居の最寄り駅にサテライトオフィスを設けたり、在宅勤務を促進するなど、仕事をする場所の選択肢を広げることが重要だ。

また、通勤時間と場所との組み合わせを工夫してはどうだろうか。たとえば、朝の仕事を自宅近くのレンタルオフィスで行い、ラッシュ時間帯を過ぎてから必要に応じて都心のオフィスに出社、早めに帰宅して夕食後に在宅勤務といった、柔軟に時間と空間を活用する働き方だ。

時間と空間に制約されない「働き方」

今後の人口減少、とりわけ労働力人口が減少する中で、鉄道の輸送力強化に向けた巨額の投資を続けることは現実的ではない。しかし、満員電車の中の時間は多くの通勤者にとって非生産的なロスタイムであり、個人的・経済的損失は甚大だ。

快適な通勤環境は心身の健康を保ち、通勤時間の上手な活用は仕事の効率性を高める。一日の仕事と通勤を合わせた非可処分時間の短縮はゆとりある暮らしにつながる。「時差Biz」による「働き方改革」は、日本経済の生産性の向上と一億総活躍社会の実現に寄与するだろう。

2005年に始まった「クールBiz」の取り組みは、蒸し暑い日本の夏を軽装で過ごし、冷房温度の設定を適切に行うことで省エネルギーと温暖化防止に貢献してきた。現在では夏にネクタイや上着を着用しないで仕事をするビジネススタイルもすっかり定着した。

2018年度、東京都は夏季だけでなく冬季も「時差Biz」を行う予定だ。昨年度の3倍近い1000社の参加を目指している。東京都の「時差Biz」の取り組みが、単なる通勤ラッシュの緩和だけにとどまらず、多様な働き方の実現につながることが重要だ。

「働き方改革」は、われわれの生活の質(QOL)と社会の生産性の向上をもたらす。人口減少時代の「フレックスタイム&フレックスプレイス」という時間と空間に制約されないワークスタイルの実現が期待される。

「個」を活かす人材マネジメント

「働き方改革」には労働時間の縮減のみならず、一人ひとりの生産性の向上が必要だ。仕事の効率を高めると同時に、生産する付加価値の向上が求められる。そのためには人材の持てる能力の活かし方が重要なのだ。

平昌オリンピック冬季大会では、「ロコ・ソラーレ」(LS北見)の活躍でカーリングが多くの人の注目を集めた。カーリングで勝利するために必要な条件は、司令塔になる「スキップ」を中心にした臨機応変な戦略立案能力と、チーム一丸となってプレーするコミュニケーション能力だ。

「LS北見」では、スキップの藤澤五月選手を中心にみんなで協議し、戦略を立てる。そして、意思決定する時に“そだね~”と声を掛け合う。この言葉は仲間に対して同意や承認を与え、話し合った結果をみんなで受け入れることを意味し、否定的なニュアンスはない。

“そだね~”が、メンバー同士の相互承認を生み、情報を共有化し、各々の役割の認識と自信を生み出し、リラックスした雰囲気を醸成する。人は他者から承認されることにより自己肯定感を抱き、自らの居場所をつくり、強い自信を持つのだ。

日本社会は人口減少時代を迎え、個々人のパフォーマンスを高めることが不可欠だ。「LS北見」の各選手のショット成功率は決して高くないものの、銅メダルを獲得できたのは、チーム一人ひとりの能力を引き出す「人材マネジメント力」によるものだろう。

「働き方改革」には、他者との違いを尊重し、多様性を認め合い、自己アイデンティティを育む、「個」を活かすための人材マネジメントが必要だ。「LS北見」の選手たちの自然体のプレーからは、人口減少時代を乗り越えるために日本が目指すべき社会の姿が見えてくる。