ドラフト候補を探せ!兵庫ブルーサンダーズの2020年 開幕戦(vs堺シュライクス)≪投手編≫

メンバー交換後、握手する橋本大祐監督(兵庫BS)と大西宏明監督(堺Sh)

■関西独立リーグが開幕

練習前のリラックスした様子(撮影:筆者)
練習前のリラックスした様子(撮影:筆者)

 2020年6月13日、兵庫ブルーサンダーズが約2カ月遅れの開幕戦に臨んだ。相手は堺シュライクスだ。

 近畿地方は梅雨入りし、予報は完全に雨だった。しかし三木総合防災公園野球場は思いのほか水はけがよく、途中の雨にもグラウンドは耐えてくれ、無事開催できた。

グラウンド整備は自分たちの手で
グラウンド整備は自分たちの手で
シュライクスの夏凪代表と談笑する橋本監督(撮影:筆者)
シュライクスの夏凪代表と談笑する橋本監督(撮影:筆者)

 シュライクスの先発はナックルボーラー・佐野大河投手だった。現在、千葉大学に在学中だ。ブルサン打線はこのナックルボールをとらえきれず、1点を奪うのがやっと。1-2と惜敗した。

 しかし自慢の投手陣の好投が光った。

 「ウチはピッチャー中心のチーム。そういう意味ではウチらしい試合ができた。先発がある程度抑えて、あとは強力なリリーバーたちには誰が行っても抑えられるくらいの力があるので、投手戦に持ち込めたらと思ってやっている」。

 橋本大祐監督も、投手陣のデキには納得の表情だった。

 では、試合を振り返ろう。今回は≪投手編≫だ。

■先発・小笠原智一

小笠原智一
小笠原智一

 ブルサンの先発は高卒2年目(ブルサンでは1年目)の小笠原智一投手だ。なんと開幕投手に“立候補”し、その心意気を橋本監督は買ったのだという。

 立ち上がりは「開幕の1球目だ~って、軽く緊張していた(笑)」と言いながらも落ち着きを見せ、2回をパーフェクトだったが、三回に内野安打による出塁を許すと、ここで自身の課題が露呈した。

 「クイックのときの体重の乗りとか移動が、ランナーがいないときと比べてちょっと甘いな」。

小笠原智一
小笠原智一

 橋本監督も「もともと振りかぶっても右足に残らずに流れていくような投げ方をしていた。今、それを直しているところ。ゆっくり股関節に乗せて投げるようにしろと。セットになるとさらに、乗せるよりも早く放ろうというイメージが強すぎて、力が乗らない。だから球威が落ちてしまう」と指摘する。

 エンドランで二、三塁から内野ゴロとタイムリー内野安打で2失点した。

小笠原智一
小笠原智一

 橋本監督は「点の取られ方がちょっと悪かった」と苦言を呈しつつも、「変化球がよかった」と褒めることも忘れない。変化球は小笠原投手本人も手応えがあったようだ。

 「カーブ、スライダー、チェンジアップの全部でストライクが取れた。変化球でも勝負できた」。

 これまでの練習試合では中継ぎで、ストライクが入らず毎回の与四球に苦慮していたが、この日は変化球が決まったことでピッチングが楽になった。それは収穫だ。

小笠原智一
小笠原智一

 橋本監督の「5回3点くらいならと思っていた」という腹づもりを、いい意味で裏切る6回2失点。悪くはないスタートではあった。

 しかし「1点で抑えたかった、最少失点で。1イニングに2点はちょっと…」と本人は悔しがる。それは今後の上積みを感じさせるには十分な姿だった。

 「以前、『高め胸元のまっすぐのノビがいい』と褒められたので、それを今後、低めでも使えるようにしたい」。

 レベルアップを誓い、初めての開幕投手という大役を終えた。

■西村太陽(L)

西村太陽
西村太陽

 七回からは勝ちパターンの投手をつぎ込んだ。ビハインドとはいえ1点差であるし、なによりそれぞれの投手に早く“開幕”させておこうという橋本監督の考えもあった。

 まず登板した左の西村太陽投手は「リズムは意識した」と言うように、ストライク先行で小気味いいピッチングを見せた。

橋本監督がマウンドへ
橋本監督がマウンドへ

 二死から連続ヒットで一、二塁としたところで、相手が右打者に回ったために交代を告げられた。橋本監督は「続投でもよかったけど、1点差だし慎重にいった」と意図を明かす。

 「打たれたバッターには追い込んでからの詰めが甘かった。最後の1球を決めきれなった。あそこは投げきりたかった…」。

 悔しそうに唇を噛んだ。最初は違和感があったという中継ぎだが、今は1イニングに集中することにも慣れてきたという。次回は3人で終えるつもりだ。

■小牧顕士郎(R)

小牧顕士郎
小牧顕士郎

 さて、この二死一、二塁というこの日最大のピンチの場面で登場したのは、小牧顕士郎投手だ。

 後ろの3枚は順番を決めず、展開によってフレキシブルに登板させるというのも、橋本監督の戦略の一つであり、今年のブルサンの目玉でもある。

 「本当は3人とも初登板だから楽な場面で放らせたかった。まぁ、その中でも小牧が一番落ち着いて放れるかなと思った」。

 その期待を背負った小牧投手はじっくりと攻め、重いストレートで一飛に仕留めた。

小牧顕士郎
小牧顕士郎

 「あの場面、四球を出してたら流れが変わってたんで、四球だけは出さないようにと意識した」。

 ストレートでどんどん押した。1球だけ、サインに首を振って意思を貫いた。

 「タイミングもあまり合ってなかったんで、まっすぐで押し切ろうと。キャッチャーもわかってくれて、首振ったらすぐ(まっすぐのサインに)戻してくれた(笑)」。

小牧顕士郎
小牧顕士郎

 橋本監督自慢の「よく言えばJFK」の一角を担うが、それに甘んじる気はない。

 「やっぱ最終回を任せてもらえるように。セーブ王のタイトルも獲りたい」。

 身上であるストレートで押すピッチングで、欲しいものは手中に収める。

■來間孔志朗(L)

來間孔志朗
來間孔志朗

 八回は來間孔志朗投手だ。コロナ禍での自主トレ期間中、もっとも伸びたと橋本監督を喜ばせたルーキー左腕だ。

 2番からの打順だったが、3人をわずか8球で料理した。

 「そんなに緊張しなかった。普段はするほうなのに。自粛期間中にフォームとか見直して、開幕までにいい感じで作れたからかな」。

 人懐っこそうな笑顔に優しくおっとりした口調は、マウンドでの姿とはまるで違う。

來間孔志朗
來間孔志朗
來間孔志朗
來間孔志朗

 具体的にどんなことに取り組んできたのか。

 「最近、有名なやり投げのトレーニング…山本由伸投手オリックス・バファローズ)がやってるやつ(ジャべリックスロー)、あれをキャッチボール前にちょっとやったりしている。胸の使い方とか、うまくいったらなぁと取り入れた。

 胸椎の骨の動きというか、閉じたり開いたりのタイミングみたいなのが掴めたらいいなと思ってやっていたけど、それがいい方向にいっている」。

 これをしてキャッチボールをしたときに、すぐにそのよさを実感したという。

 今後、セットアッパーとして「チームに流れをもってこられるようなピッチングがしたい」と、気概十分だ。

■山科颯太郎(R)

山科颯太郎
山科颯太郎

 最終回は18歳ルーキーの山科颯太郎投手だ。

 いきなりカットボールを左前二塁打にされたが、まったく動じる様子もない。続く打者を3人でピシャリと抑え、涼しい顔でマウンドを降りた。

 ラストバッターから見逃し三振を奪った外角低めの球は圧巻で、本人も納得の笑みを浮かべていた。

山科颯太郎
山科颯太郎

 「緊張はちょっとしてたけど、自分のピッチングをすれば抑えられるかなと、そんな気持ちで上がった」。

 いきなり先頭に打たれたことには「決め球が甘く真ん中にいって打たれた」と悔やんだ。

 だが、以降は「ちょっと力を入れて投げた」とギアを上げてテンポよく3人で終え、「最後の球が一番よかった」と、見逃し三振に仕留めた球に自信を覗かせた。

 このように、けれん味のない投げっぷりのよさが持ち味だ。

山科颯太郎
山科颯太郎

 高校を出て、これが公式戦での初登板だ。

 「いい経験になった。これからお客さんも入ると緊張もすると思うけど、負けないように投げたい。NPBへ行くために、まっすぐのスピードやコントロールを磨いていきたい。あと…」。

 実はもっとも苦手なことがある。フィールディングだ。

 「今、一番練習している」。

 長所に磨きをかけ、苦手を克服する。夢の舞台を目指して、貪欲に突き進む。

■投手陣に手応えを深める

試合後、インタビューを受ける橋本監督(撮影:筆者)
試合後、インタビューを受ける橋本監督(撮影:筆者)

 無失点で仕事をしたリリーバーたちに、橋本監督も目を細める。

 「みんな球に力があるし、投げっぷりもいい。ちょっと背は低いけど、キレのある球を放る。躍動感もある」と、及第点を与えた。

 この日は開幕ということもありビハインドで使ったが、今後はいわゆる“勝利の方程式”として3人の“ろう”たち(顕士郎、孔志朗、颯太郎)を使っていく。

 橋本監督が標榜する「ピッチャー中心のチーム」という姿は見せることができた。しかし、野球は点を取らないと勝てない。攻撃面はどうだったのか。

 次回の≪野手編≫でお伝えする。

(表記のない写真は球団提供)