沖縄初の球団「琉球ブルーオーシャンズ」から“NPB入り第1号”を狙うBC盗塁王・神谷塁、3度目の挑戦

NPB入りを目指す神谷塁選手(琉球ブルーオーシャンズ)

■2年連続のドラフト指名漏れ

 「第〇巡 選択希望選手…」―。静謐の中、響く低音ボイスに気持ちが高鳴る。

 昨年10月17日のNPBドラフト会議。所属する石川ミリオンスターズ(BCリーグ)の球団事務所で、神谷塁選手は自身の名前が呼ばれるのをずっと待った。

ドラフト会議の日、祈る思いで…
ドラフト会議の日、祈る思いで…

 この日に懸けていた。前年、読売ジャイアンツのプロテストで狭き門を通過したものの、指名はされなかった。雪辱に燃え、「今年こそは」という思いで取り組み、よりレベルアップした自負がある。

 会場では本指名が終わり、育成選手の指名に移った。祈る思いで、固唾を呑んで画面を凝視する神谷選手。

 「選択終了」「選択終了」「選択終了」…。非情な声が胸をえぐる。

 とうとう指名されることなく、ドラフト会議は幕を閉じた。

■野球を辞めるつもりだったのに翻意したわけ

本当は辞めるつもりだった
本当は辞めるつもりだった

 神谷選手は決めていた。もし指名がなかったら、もう野球は辞めて故郷の沖縄に帰ろう、と。野球は引退だ。その決意はドラフト前に両親にも告げていた。

 ドラフト会議直後、願いが叶わなかったことを両親に電話で報告すると、こんな答えが返ってきた。

 「ここで野球を辞めたらこの先、あと50年は働かないといけないよ」。

 おそらく我が子に悔いを残してほしくなかったのだろう。いや、なにより野球を続けてほしかった。息子に「」という名前をつけたくらいなのだから。

 「沖縄に球団ができたんだし、やってみてもいいんじゃないか」。

NPB1本でという気構えで
NPB1本でという気構えで

 沖縄に新たに立ち上がるチーム「琉球ブルーオーシャンズ」のことは、ドラフト前から家族間でも話題にしていた。すでにトライアウトの募集も始まっていた。

 しかしNPBに懸けていた神谷選手にとっては、「『ダメだったら沖縄を受ける』っていう気持ちでいたら、名前を呼ばれないって思って」と、NPB1本という気構えでドラフト会議を迎えたかったという。

決意を翻意させた「選択終了」の言葉
決意を翻意させた「選択終了」の言葉

 いや、もとよりNPBがダメなら野球は辞めるつもりだったのだ。だが名前はコールされなかった。

 しかしそのとき実は、神谷選手の気持ちの中で変化が起きていた。

 「『選択終了』って聞いたとき、『オレ、ここで名前を呼ばれたい』って思った…」。

 指名がなかったらスッパリと辞めるつもりだったのが、一転した。やはりNPBを目指そう、と。そこへ両親の後押しもあり、決意を固めることができた。

 そしてブルーオーシャンズのトライアウトを受け、今、その一員として汗を流す毎日だ。

■神谷選手の勝算

背番号は53が用意されていた
背番号は53が用意されていた

 しかし1年後のドラフトを目指すということは、1年歳を重ねることになる。昨年のドラフトを見ても指名の約半数は高校生で、大学生を合わせた87人は全指名選手107人の81%を占め、より若い人材が求められていることがわかる。

 今年25歳になる神谷選手にとって、年齢は大きなネックだ。

足は武器
足は武器

 明らかに“不利”と思われる中、それでも挑戦しようと思えるのはなぜなのか。“勝算”はあるのだろうか。すると神谷選手はある名前を挙げた。

 「(昨年の)プレミア12で周東(佑京)選手福岡ソフトバンクホークス)が代表に入って活躍したでしょ。足が速い選手の需要っていうのか、重宝されている感じが見えた。足が速ければ、大事なところでいい走塁ができれば、評価されるっていうふうになってきたなと思って」。

足には自信がある
足には自信がある

 自身もずっと足をウリにしてきた。現在もスピードが落ちてはいないという自信がある。

 「ここで体力がなくなって、スピードも全然なくて盗塁もできなくなってたら、やってなかったと思う」。

 足の衰えがないこと、BCリーグで2年連続盗塁王に輝いたことが、再挑戦しようと決意した大きな要因になった。

■これまで知らなかった走塁技術

走塁も一から教わる
走塁も一から教わる

 ただ、ブルーオーシャンズに入団して、あまりにも己の技術レベルの低さを痛感したという。

 田尾安志シニアディレクター兼打撃総合コーチからは「リードが小さすぎる」と指摘を受けた。「よくそれで盗塁王が獲れたな」と言われたが、要するに「それで獲れるレベル」の中でやっていたということだ。

 リードの大きさも「一塁(牽制)でアウトにならないことを考えていたら、大きくはいけなかった」と、振り返るが、それでも2年連続盗塁王である。

ガムシャラに取り組む
ガムシャラに取り組む

 「今までやってきた走塁が、自分の中で正解だと思っていた。でも、亀澤(恭平)コーチ(兼内野手)とか元NPBの選手に聞いたら、まだまだ…。リードの大きさもだし、スタートやスライディングの練習もしたことがなかった」。

 そんな練習をしなくても敵なしだったからである。しかしそれは逆に、技術を磨けばまだまだよくなる“伸びしろ”があるということだ。

田尾氏からも多くのことを教わる
田尾氏からも多くのことを教わる

 リード幅を広げるべく、自身の帰塁できる距離を正しく知るところから始め、さらにはスタートやスライディングの技術も教わっている。

 「足が速くて走塁がうまい選手の動画はよく見る」と、ホークスの本多雄一コーチや球史を代表するスピードスター・赤星憲広氏の現役時代など、自身と体型が似ている選手の動画をとくにセレクトしている。

■バッティングも様変わり

進化したバッティング
進化したバッティング

 「足が武器」とはいっても、足だけでは上のステージにはいけない。なにより足を披露するには出塁しなければならない。

 キャンプ中、東風平野球場のバッティングケージ内で打つ神谷選手の打球は、これまでのそれとは様変わりしていた。強く鋭いライナーが、右翼の深い位置まで飛ぶ。

 「昨年は鳥谷(敬)さんの真似をしてレベルでバットを出していた。それも悪くはなかったと思うけど、田尾さんに教わって変わった」。

軸回転を意識
軸回転を意識

 田尾コーチの熱い指導が染み入った。

 「田尾さんが言うのは、体の近くから体をひねって打つということ。今までは体をひねったらボールが見えなくなるからダメって言われていた。田尾さんが言うのは理にかなっていると思う。反動をつけて打ちにいってるんで、ひねった分、打球が強くなっている。ひねってもトップが体の近くにある。しっかり軸で回れている」。

 これまでは上半身の力だけ、手だけで打っていたと省みる。しかしそれでも通用していた。当てさえすれば、転がしさえすれば、神谷選手の足ならヒットにできていた。

 「でもそれでやってNPBにいけなかったんで…」。

近本タイプに
近本タイプに

 タイプでいえば、阪神タイガース近本光司選手のようなバッティングが理想だという。

 「近本選手は後ろに体重が乗っている。僕も左足で打つっていうイメージで。ポイントも以前より近い」。

 進化した神谷選手のバッティングに、「ヘッドが効いているだろう」と田尾コーチも目を細める。

バントもきっちり
バントもきっちり

 ここまでの実戦5試合ではすべて「2番・ライト」でスタメン出場している。2番は石川時代も数多く経験している神谷選手の“定位置”だ。

 「(2番は)すっと入れる。大事なときに引っ張る、送ってほしいときに送る。もし1番バッターが凡退しても、僕がヒットで出て走る。監督さんの狙いがあってのことだと思うので、与えてもらった場所で頑張りたい」。

 ただ大事にしているのは「小さくならないように。ちょこちょこしないように」ということだ。

 「しっかり打つところは打って、ランナーを進めるところは進めてっていうのを全部やっておけば、自分のレベルアップになる。状況に応じたバッティングをしたい」。

内外野守れるユーティリティ
内外野守れるユーティリティ

 守備に関しては登録は内野手だが、ここまでの実戦では外野手として出場している。

 「内野はもう緊急用で、誰かがケガしたときとかに入れるようにって感じです」。

 内外野ともにできるユーティリティであることもまた、アドバンテージである。

■チーム第1号のドラフト指名選手に

このチームに入ってよかった
このチームに入ってよかった

 「このチームにきて、本当によかった」。そう、神谷選手はしみじみと言う。

 「NPBで活躍した選手の話が聞けるっていうのが大きい。どういう考えで、どういう姿勢で野球をやっているのかということも勉強になる。近くにいることが勉強っすね。実際に(NPBに)いた人の話って、やっぱ違うんで。田尾さんなんて、監督までされた方だし」。

 これまで知り得なかった世界に触れ、その技術も間近で見ることができる。さらには聞きたいことは聞け、教えてもらえる。

チーム第1号に
チーム第1号に

 加えて、環境にも恵まれている。練習場所も確保され、昼食も手作りの料理が提供されている。給料も12ヶ月、支払われる。思う存分、野球に打ち込める申し分ない環境だ。

 それだけに、結果で返したいと切に望む。

 「チーム第1号で」。

 10月、NPBドラフト会議の場で「神谷塁」とコールされるように―。

神谷 塁かみや るい)*プロフィール】

1995.8.7生/沖縄県

172cm・65kg/右投左打

北山高校⇒ビッグ開発ベースボールクラブ⇒石川ミリオンスターズ

《ここまでの成績》

2/15(北京タイガース)4打数1安打

2/16(北京タイガース)4打数3安打1打点 2盗塁

2/22(千葉ロッテマリーンズ)3打数0安打

2/23(千葉ロッテマリーンズ)2打数0安打

2/29(読売ジャイアンツ)5打数0安打

合計 18打数4安打1打点 2盗塁 打率.222

東風平野球場にて
東風平野球場にて

(撮影はすべて筆者)