古田捕手を目指して―ヤクルト育成1位は「打てる強肩キャッチャー」大村 孟 捕手だ

石川ミリオンスターズでは、チームメイトからいじられる“愛されキャラ”

今年のプロ野球ドラフト会議では、3名の選手をNPBに輩出した独立リーグ・ルートインBCリーグの石川ミリオンスターズ安江嘉純投手(千葉ロッテマリーンズ育成1位)、坂本一将内野手(オリックス・バファローズ育成4位)に続いて、東京ヤクルトスワローズから育成1位で指名された大村孟捕手をご紹介しよう。

■ドラフト会議での“ホンモノ”の感覚の指名

ドラフト会議当日は球団事務所に集合し、固唾を飲んでテレビ画面に見入った。支配下の指名が終了し、育成指名に移ったそのとき、大村選手の名前が呼ばれた。「チームの中でボクが最初だったので、どう反応していいかわからなかったですね」。正直な感想だった。

「キャッチャーは勝ったときの喜びが各別」という
「キャッチャーは勝ったときの喜びが各別」という

と同時に「ホントかな…」という懐疑的な気持ちも生まれ、不思議な感覚だった。現実を認識できたのはすべてが終わり、スマホを見たときだった。「ライン(無料通信アプリ)がどえらいことになってて…(笑)」。それを見たとき、「これ、ホンモノやな」と実感がわいた。

これまで大学、社会人時代に幾度か指名の話はあった。「“指名漏れ”の経験はしてるんで、その感覚はあるけど、実際に呼ばれたときの感覚は初めてだから、すごく新鮮でした」と、独特の感想を述べる大村選手。「指名されなかったとき、なんともいえない空気が漂うんです。あの悔しさは今でも残っていますね」と振り返る。

だから社会人の九州三菱自動車を辞めてまで独立リーグを希望した。「社会人では上を目指して2年やってきましたけど、NPBにいくには独立の方がいきやすいんじゃないかと思って。最初は(独立リーグは)そんなにレベルが高くないんじゃないのっていうイメージがあったんですけど、ボクが社会人を2年やっている間にだんだん指名選手も増えてきて、レベルが上がってきたと感じたし」。可能性を考え、知り合いにも相談して石川ミリオンスターズに入団し、みごと夢を叶えた。

■シーズンを通して戦い続けるということ

シーズンを通して戦うことは、独立リーグで“予行演習”済みだ
シーズンを通して戦うことは、独立リーグで“予行演習”済みだ

独立リーグに入団して、これまでの社会人野球と大きく違うことに気づいた。「社会人では、都市対抗や日本選手権の予選に向けて100%にもっていけばよかったんです。だから“波”を作ることができた。でも独立リーグではシーズンを通してということで、波が作れなかった。そこが苦労したところです」。シーズンを通して常にいい状態で戦わねばならないのだ。

実際にやってみて「疲れ方が全然違うんです。疲れは痛感しましたね」。疲労解消にと、とにかく睡眠を大切にしたそうだ。「時間があると寝ていました。ボク、どこでも眠れるんです。どんな状況でも…あっ!きつい移動のバスでも」と、人懐っこい笑顔を見せる。

それとともに食事にも気を配った。「自分で作ると偏るから」と外食だが、定食などを選んで「できるだけ同じものを食べないよう、バランスよく、量もしっかり食べるように意識しました」と話す。

■渡辺監督の教え

社会人と独立リーグの違いはプレーにおいても顕著だったという。いや、独立リーグというより、石川ミリオンスターズの渡辺正人監督(元千葉ロッテマリーンズ)の方針がそうだったのだ。「社会人ではチームを勝たせないといけない。そのために自分の力を発揮するという感じだったけど、石川ではみんながそれぞれ自分のベストのプレーをするという感じでした」。

目指すキャッチャー像は古田敦也さん
目指すキャッチャー像は古田敦也さん

特に渡辺監督から口酸っぱく言われていたのが「バットをしっかり振れ!」ということだ。それによって大村選手自身も打席の中での意識が変わったそうだ。「初球からどんどんいこうってなってきました。社会人のときは、試合の流れとか色々考えて『ここは見ていこう』とかあったけど、石川では『3球で終わってもいいから初球から振っていけ!』と渡辺監督から言われていたので、そういう積極的なスタイルに変わりました」。そして、おどけた口調でこう付け加えた。「社会人で3球で帰ってきたら、しばかれますよ(笑)」。

渡辺監督の考えはこうだ。「3球で終わったとしても、ここでそういうバッティングをしていかないと上(NPB)で通用しない」。もちろんチームの勝ちを考えているが、その中で選手にNPBでプレーできるスキルを身につけさせようとしているのだ。

「上で経験された方が監督やコーチ(投手コーチは北海道日本ハムファイターズなどで活躍した多田野数人投手)でいらっしゃるというのは、ボクらにとってすごい強みだったと思います」と、大村選手も存分にそのエキスを吸い取ったようだ。

■武器は肩とバッティング

セールスポイントは「肩とバッティング」と言い切る。そして即座に「足はないんで、そこは見ないようにしてもらいたいんですけど」と自虐ネタで笑いを取る。

おしゃべりも得意
おしゃべりも得意

特に肩は「一番の武器」と自信を見せるだけあって、セカンドへの送球タイムが1.8秒とトップクラスの強さを誇る。BCリーグでの試合においては「そんなに刺してないんですよね」と話す。いや、刺す以前に相手が盗塁を企図してこなかったのだ。どうやら練習でのセカンド送球を見て、相手は盗塁のサインを出せなかったようだ。大村選手自身も意識的にセカンド送球を見せていたという。「ピッチャーを助けることになりますから、それだけでも肩を見せる効果はあるのかなと思います」。相手は相当、脅威に感じていたことだろう。

■エース・安江投手から見た大村捕手

石川ミリオンスターズでバッテリーを組み、「めちゃくちゃ仲がいい」というエースの安江投手に大村選手のことを聞いた。

どんな球も逸らさない
どんな球も逸らさない

「今シーズン、ゲームでの全部の投球を大村さんに受けてもらいました。ブルペンでも、ゲーム前の最後のブルペンも絶対、大村さんでした」という。大村選手に絶大なる信頼を寄せているそのわけは、「構えている姿というか、安心感ですね。どんな球を投げても止めてくれると信じて投げることができました。そのおかげで変化球を低めに集められたと思います」と説明する。

さらに試合の中で「次、この球投げたいな」と考えていたときに、大村選手からそのサインが出ることがよくあり、信頼感がより増していったそうだ。

また、前述のように「ランナーが出てもアウトにしてくれるって思って、バッターに集中できた」ということも当然、大村選手への安心感に繋がっている。「バッティングでもチームに貢献してくれましたし、本当に頼りになる女房でした。ボクも言いたいこと言うし、大村さんも言ってくれるし、まさに“バッテリー”という感じでした」と振り返る。

そしてこんな暴露も…。「大村さん、いつもみんなにいじられていました(笑)。たとえばヒット打って少しでも澄まし顔していると、みんなに突っ込まれていましたね。毎日毎日いじられていましたよ(笑)」。あの満面の笑みを見ると、いじりたくなるのがよくわかる。愛されキャラなのだ。

■NPBで待ち受ける先輩やライバルたち

一日も早く支配下選手に!!
一日も早く支配下選手に!!

ドラフト指名直後、ある人からメールが届いた。開くと「可愛がるからな(笑)」とあった。大学時代、同じリーグで凌ぎを削った1つ上の竹下真吾投手(九州共立大―ヤマハ―東京ヤクルトスワローズ)からだった。「高校時代からよく練習試合をしたりしていて、大学のときもよくご飯に行きましたし、治療院の先生も一緒だったんです」。学校の枠を飛び越えて付き合いが深かった先輩と、プロでは同じチームでバッテリーが組める。そのことが嬉しくてたまらない。

また、大瀬良大地投手(九州共立大―広島東洋カープ)も大学では同じリーグだった。同い年で、よく対戦もした。「ボク、意外に(大瀬良投手から)打ってますよ」と胸を張るが、NPBではあちらが3年先輩になる。「日本シリーズで投げているのをテレビで見たし、侍にも選ばれているしなぁ。どんなんになってるのかな…」と、再戦を心待ちにしている。

目標としているのは東京ヤクルトスワローズの大先輩にあたる古田敦也氏だ。「キャッチャーとしても尊敬していますが、社会人から入って2000本打たれてバッティングもすごい」と、同じく「打てるキャッチャー」を目指す。

しかしすべては支配下登録されないことには始まらない。最初から飛ばして飛ばして飛ばしまくって、一日も早く支配下選手になることを誓っている。

大村 孟おおむら はじめ)】東京ヤクルトスワローズ・育成1位

1991年12月21日生/169cm 80kg/右投 左打

福岡県出身/東筑高校―福岡教育大学―九州三菱自動車

遠投115m 、二塁への送球タイム1.8秒の強肩とインサイドワーク、頭脳的で投手の長所を生かすリードに定評がある。また勝負強いバッティングも持ち味。

【関連記事】

石川ミリオンスターズのドラフト候補生たち

安江嘉純投手(千葉ロッテマリーンズ・育成1位)

坂本一将(オリックス・バファローズ・育成4位)