元阪神タイガース・西村憲投手の再出発は、独立リーグ・石川ミリオンスターズから【後編】

タイガース時代と同じ「43」を背負う西村憲投手

■NPBへの復帰を目指して―

NPBへの復帰に懸ける西村投手
NPBへの復帰に懸ける西村投手

阪神タイガースを戦力外になった西村憲投手が、新天地に選んだのは独立リーグ・ルートインBCリーグの石川ミリオンスターズだ。ここからNPBへの復活を目指して、西村投手の戦いは既に始まっている。

「野球をする場所を探すことがこんなに難しいなんて…」とタイガースを退団後、苦心した西村投手にとって、再び野球のできる場所、NPBを目指せる環境が得られたことは、感謝してもしきれないくらいありがたいことだという。

(前編はこちら⇒元阪神タイガース・西村憲投手の再出発は、独立リーグ・石川ミリオンスターズから【前編】

■石川ミリオンスターズが、西村投手に期待すること

一方、石川ミリオンスターズ側にとっても、西村投手の加入は非常に大きいようだ。彼にいくつかの“役割”を望んでいるのだ。

まだ実戦には入っていないが、練習を見た多田野数人 選手兼任コーチ(メジャーや日本ハムファイターズなどで活躍)は「ボールの質、ポテンシャルが違いますね。軽く投げてもフォームを意識できるし、バランスがわかっている」と賛辞を惜しまない。「現時点で実力が飛び抜けているのはもちろんだけど、例えば練習前に体を温めるとか、練習への入り方や準備、見習うところはたくさんある。群れずに自分のやるべきことをやる。一線でやってきた選手の違いを、他の選手に見てもらいたい」と期待している。

グラウンド整備も自分たちの手で行う
グラウンド整備も自分たちの手で行う

それは取締役としての佐野慈紀氏近鉄バファローズ中日ドラゴンズ、またアメリカでも活躍)の狙いでもある。「どのレベルまでいけばNPBで活躍できるのか、ウチの若い選手に見せたかった。西村にはNPBの1軍で活躍できるレベルの“目標設定”になってほしい」と託す。石川ミリオンスターズにはかつて、NPB出身の木田優夫氏森慎二氏も所属していた。しかし現役ではなかったり、選手と年が離れすぎていたりした。渡辺正人ヘッドコーチ千葉ロッテマリーンズで活躍)も既に現役を引退している。西村投手の場合、OBやベテランではなく、バリバリの現役。しかも今いる選手と同世代であるからこそ、明確な“目標設定”になり得るのだ。

「ここには“阪神園芸さん”はいませんからね(笑)」とトンボをかける西村投手
「ここには“阪神園芸さん”はいませんからね(笑)」とトンボをかける西村投手

「西村には、凌ぎを削ってきた実体験がある。それを若い選手に伝えて欲しい。言葉じゃなく、投げる姿や練習への取り組み、そして志で。いいスパイスを入れて欲しい」。実はこれが、戦力としてとともに西村投手に望んでいる部分でもあるのだ。

NPBを目指して独立リーグに入ってくる選手たち。「自分に対して自信を持っている人はたくさんいる。裏付けできる自信ならいいけど、そうでないのはただの過信。そこを勘違いしている」と佐野氏。それが西村投手のプレーを見ることで、気づかされるだろうという。「西村には自分のやりたいようにやってほしい。アイツの志で周りを巻き込んで、やってほしい」。西村投手のプレーはもちろん、そのストイックさもチームへの大きな刺激になることだろう。

女性ファンが増大しそうなビジュアル
女性ファンが増大しそうなビジュアル

そしてもう1点、集客面でも“西村効果”を見込んでいる。「だって男前やもん」とニヤリ。「このチームに携わった時、『男前をどんどん入れましょう』って提案した。カープ女子が流行っているように、野球選手って野球が上手くてもビジュアルがカッコよくないと人気が出ない。西村には、石川の女性ファンを増やしてほしい」とソロバンを弾いている。

甘いマスクにオシャレな出で立ち、ソフトな物腰。女性ファン拡大は間違いなく望めるだろう。

■クローザーとして

もちろん最も期待されているのは、その力だ。どうやらクローザーを任されることになりそうだ。西村投手にとってクローザーといえば、尊敬する藤川球児投手が浮かぶという。戦力外になった時もすぐに連絡し、その後も事あるごとに話を聞いてもらっていた、憧れの存在だ。

「球児さんはもう、すごいの一言。ああいう球を投げられるのは理想。ボクもまっすぐで攻めていきたいタイプなので、ああいう風に抑えていけたらと思う」と、まずはそのボールについて語った後、「無敵ですよね」と表現した。「ベンチやファン…味方からすると安心感。敵からするとこれほど手強いものはない。ボクもそういう存在になりたい。ああいう、人の気持ちを動かせるような人間になりたい」。藤川投手への賛辞になると、西村投手の口調は俄然、熱さを増す。

力強いキャッチボール
力強いキャッチボール

今後チームを引っ張っていくことも求められている西村投手だが、本人にその気負いはない。「やることは一緒なので。NPBでもここでも、野球は野球だから。みんなも各自、ここからNPBに行きたいとプライドを持ってやっている。ボクも同じ気持ちだし、その気持ちは負ける気はしない。ボクも競争の中の一人。その中でトップになりたいというのがあるから。意識して人に影響を与えようなんて小っ恥ずかしい話。まだまだボクもチャレンジャーなので」と、まずは自分自身の研鑽に努める。しかしその姿こそが、生きた手本となるのだ。「影響を与えようと意識してやるつもりはない。結果的に与えられたなら、いいけど」。きっと大きな影響を及ぼす筈だ。

■自分の中の理想を超える

最後に、NPBに戻るために西村投手が目指しているピッチングを尋ねた。「数字ではなく、出たら抑えるのは最低限。抑えながらも内容を求めていきたい。自分の目標や課題をゆうに超えていく成績を残していかないと、注目はしてもらえない。自分の中の理想のピッチングをも超えられるよう、必死でやります!!」

西村投手の瞳は、ただ前だけを見ている。

自身の展望を語る真剣な眼差し
自身の展望を語る真剣な眼差し