“言い訳大会”と化してしまった記者会見 これでは再々登板は夢のまた夢か

(写真:ロイター/アフロ)

“言い訳大会”と化した会見

 安倍普三前首相は12月24日夕方に衆議院第一議員会館内で会見を開き、在任中に「桜を見る会」について事実と異なる答弁を繰り返したことを謝罪した。いや、実際は「言い訳大会」に過ぎなかったに違いない。

 そもそもこの日に安倍前首相が会見を開いたのは、第一秘書(公設秘書としては辞職済み)が政治資金規正法違反(不記載)で東京簡裁に略式起訴されたことを受けてのものだ。安倍前首相は21日に東京地検に任意の事情聴取を受けたものの、不起訴となっている。

事務所に幾度も確認をし、当時の私の知る限りの認識の限りのご答弁させていただいたつもりであります。しかしながら、結果としてこれらの答弁の中には、事実に反するものがございました。それが故に国民の皆さまの政治の信頼を損なうこととなってしまった。

 安倍前首相は会見の冒頭、このように述べている。自分には事実と異なる答弁の責任はなく、事実と異なる報告をした秘書に責任がある―。国民に対して謝罪の言葉を口にするものの、実際にはそのように言っているに過ぎない。

議事録訂正は憲法に反する?

 それをどれだけの国民が納得できるだろうか。たとえ秘書に重い責任があったとしても、国会で118回もの事実と異なる答弁を繰り返した責任は消えない。安倍前首相は24日午前、衆議院の大島理森議長と参議院の山東昭子議長に対して書面を提出し、過去の答弁を修正したい旨を申し出た。だが語句の訂正ならともかく、それでは議事録の内容そのものが変わってしまい、意味不明になりかねない。

 国会での発言は、それほど軽いものなのか。憲法が国会内での発言を「無答責」とした意味は何だったのか。そうした民主主義の重みさえ、自分の軽率さから出たミスを覆い隠すために、いとも簡単に覆そうとするのだろうか。

インナーだけ参加の記者会見

 そもそも秘書の処分が決まってからの会見は、自らが“言い訳”のみですませようという証拠だろう。実際に安倍前首相は会見場として、わざわざ衆議院第一議員会館地下の小さな会議室を選んでいる。

 これに参加できたのは、平河クラブの常駐社のみだった。議員会館には他に、大きな会議室は複数ある。もし「3密回避」なら、たとえ参加社を制限しても、より大きな会場を選んだはずだ。

しかも閉会中のために、午後7時で打ち切られた。なぜ24日夕方に慌ただしく行う必要があるのか。翌25日には衆参両院の議院運営委員会理事会が開かれ、野党が安倍前首相を追及することになっていた。

むしろ記者会見はその後で行われるべきだった。会場はホテルニューオータニの最大のバンケットルームであり、「桜を見る会前夜祭」の会場となった「鶴の間」で良いではないか。それなら平河クラブ以外の記者も余裕で参加でき、時間も十分にとれるはずだ。なお費用については安倍前首相の政治資金収支報告書に掲載すれば無問題だ。

疑念は解消されず

 最大の問題は安倍事務所のガバナンスの欠如だろう。「桜を見る会」に補填した金額は、安倍前首相の口座から秘書に「手持ち金」として渡されたもので、様々な支払いに使われるものだった。それにしても決して少額ではない資金の使途を、なぜ安倍前首相(あるいはその代理となる会計の専門家)がチェックしなかったのか。「秘書の説明を信じた」という安倍首相の言い訳は、一国の宰相としての資質に疑問を抱かせる。

 そもそもが小さなミスが発端だった。「桜を見る会前夜祭」問題は、秘書の説明を飲み込むだけだったことだ。森友学園問題は、入り込んではいけないところに入り込んだ妻の行動を庇ったためだった。後者は財務省による組織ぐるみの公文書大改ざん事件に発展し、自殺者も出している。

 首相として奇跡の復活をなし遂げ、2822日という在任記録を打ち立てた安倍前首相だが、最長かつ最強の宰相にしてはその終焉はあまりにもあっけない