「人を信じて傷つく方がいい」なんて、『怒り』の前では甘っちょろい寝言でしかない。

今月の【月イチ邦画】は、『悪人』コンビ、吉田修一原作&李相日監督の最新作『怒り』をご紹介します。まあ私ごときが言うまでもないんですけど、原作の面白さ、脚本にまとめた手腕、豪華俳優陣の共演、その素晴らしい演技などなど、どれをとっても圧倒的な作品!ということで、まずはこちらから!

ということで物語。

現場の壁に「怒」の血文字を残した夫婦惨殺事件から1年。「逃亡を続ける犯人は、どうやら整形をしたらしい」というニュースを背景に、東京、千葉の漁港、沖縄の離島にそれぞれ現れた【正体不明の男】を中心とした3つの物語が、並行して描かれてゆきます。

新宿のハッテンバでは、行く当てのない【ゲイの直人】(綾野剛)と、エリートビジネスマンの優馬(妻夫木聡)が出会い、直人はそのまま優馬の家に転がり込みます。

千葉の漁港には【寡黙な田代】(松山ケンイチ)が仕事を探してふらりと現れ、やがて彼を雇った洋平(渡辺謙)の娘・愛子(宮崎あおい)と暮らし始めます。

沖縄の無人島では【バックパッカーの田中】(森山未來)が野宿をしていて、沖縄に越してきたばかりの少女・泉(広瀬すず)とその同級生・辰哉と友達になります。

3人の「素性の知れない男」は、それぞれに孤独や葛藤を抱える人たちの心の隙間を埋める存在になってゆくのですが、テレビで公表された逃亡犯の整形後の手配写真によって、その関係が揺らぎ始めます。男たちは3人とも、どことなく手配写真に似ているのです~!

手配写真はおそらく綾野、松山、森山の顔の特徴を少しずつ混ぜて作られていて、周囲の人々は、最初は「見ようによっては似ていなくもない」程度にしか思っていないのですが、不明確な相手の素性に小さな疑念が膨らみ始めると、それはやがて「そう言えば…」と断片的な情報で補強されてゆき、人々の心をむしばんでゆきます。

もちろん「3人のうち誰が真犯人なのか」がサスペンスではあるのですが、3人のうち少なくとも2人は犯人ではないと知る観客の中でいやおうなく盛り上がるのは、「人々はこの男をどこまで信じられるのか」。単純なサスペンスとは異なる、人々の葛藤のドラマが展開してゆくのです~。

【沖縄の無人島編】の森山未來。広瀬すずちゃんがこんな役をやるなんて衝撃的です!
【沖縄の無人島編】の森山未來。広瀬すずちゃんがこんな役をやるなんて衝撃的です!

本当に見ごたえのあるこの映画、原作がすごいし、この長さの映画にした監督の手腕がすごいし、複雑な登場人物をきっちり体現した俳優がすごいし、もう全部すごいのですが、そうやって完成した人間ドラマに何よりも打ちひしがれます。中でも個人的に最も強く心に残ったのは、渡辺謙と宮崎あおいが演じる「千葉の漁港編」の洋平&愛子の親子です。

映画の冒頭、「家出中の愛子が見つかった」と連絡を受けた洋平が向かった先は、都会の繁華街の風俗店。あの宮崎あおいがそんな役をやるなんて信じられないのですが、「客の求めにすべて応じてしまい、挙句の果てに“壊れてもいいおもちゃ”のように扱われていた」という愛子は、身も心もズタボロ。なのに「お父ちゃん、ごめん」ときまり悪そうな、ノーメイクで眉毛すらない笑顔は、なんというか妙に無垢なんですね。

愛子は、原作者の吉田修一が『悪人』でも描いた、仕事も金も楽しさも恋愛も何もない「地方の行き場のなさ」を体現するキャラクターで、その寂しさを持て余して家出を繰り返しては、傷だらけになって戻ってくる女の子です。自分は寂しく何のとりえもないから、愛してもらいたいならすべて差し出す、でも結局のところ欲しいものを手にしたことは一度もない。そんな愛子が初めて見つけた、自分を愛してくれそうな男が【田代】です。

【千葉の漁港編】の愛子役は、初めて見る宮崎あおい!
【千葉の漁港編】の愛子役は、初めて見る宮崎あおい!

ただでさえ危なっかしい一人娘が【正体不明の男】に熱を上げて、男手ひとつで娘を育てた洋平が心配しないはずはありません。洋平は愛子を何よりも大切に思う一方で、どこかで「傷もの」とも思っていて、【田代】との幸せも無邪気に信じられません。【田代】への疑念は、そうした洋平の偏見によって「やっぱり」と補強され、同時に洋平の愛子に対する卑下を浮き彫りにしてゆきます。それは愛子をひどく傷つけると同時に、愛子の中に「ちゃんとした男なら私を愛するはずがない」という【田代】への疑念を植え付けてしまいます。

このあたり、ホントに唸るほどの上手さです。つまり【正体不明の男】は、人々の無意識の本音をあぶりだしてしまうんですね。洋平・愛子のエピソードで鮮烈ですが、これは全編に共通していることだと思います。疑惑を抱きながらも、人を信じることを選ぶのか、人を信じないことを選ぶのか。真実を知った時、人は何を後悔し、何を失い、何を嘆き、何を改め、何を得るのか。

ラストに向かって明かされる事実を前にすると、「人を信じて傷つく方がいい」なんて甘っちょろい寝言は到底言えません。でも同時に「人を信じられない悲しさ」もグサグサと胸に刺さり、もうどうしたらいいのか全然わかんなくなっちゃうのですが、ほんとうに小さな光も見えないわけではありません。

それは言葉にすれば、「信じられない、信じてもらえないこと」を前提にしながら「信じたい、信じてもらいたい気持ちを失わない」くらいの感じで――なんとも心もとないのですが、だからこそそれがありえた時の感動は大きいのかもしれません。

【東京編】の妻夫木聡&綾野剛。二人のベッドシーンとか、マジびっくりしますから!
【東京編】の妻夫木聡&綾野剛。二人のベッドシーンとか、マジびっくりしますから!

渡辺謙&宮崎あおいのみならず、俳優さんは本当にみんな素晴らしいのですが、もう一人挙げるなら妻夫木聡がほんとにいい。

吉田原作&李監督の前作『悪人』では“愛子の男版”みたいな地方の青年役で世間をうならせた彼、今回は正反対の「自由でリッチなゲイのエリートビジネスマン」という役を演じて、今まで見たことないようなセクシーさと哀感を漂わせます。重厚な人間ドラマの中で、妻夫木&綾野の絡みは、女子にはたまらないオマケ(というには濃いですが)になっていると思います。あ、広瀬すずがこんな役をやるのも本当にすごい!ってか、ほんとみんながみんな体当たりの演技です。

心鷲掴みの力作を、ぜひぜひお見逃しなく!

『怒り』

(C)2016映画「怒り」製作委員会