商業施設で全力疾走!?

大型連休最後の土曜日に「ヘルスエイド エアトラック記録会」が開催された。5歳以上なら誰でも参加できる記録会で、50mと300mを光電管による電気計測で行う。ここまで聞くと、普通の陸上の記録会かと思われるかもしれない。しかし、測定した場所が少し変わった場所にある。その場所とは、なんとショッピングモールの屋上にあるトラックである。その、「もりのみやキューズモールBASE」http://qs-mall.jp/morinomiya/は地元の人々、特に多くの野球ファンにも親しまれた日生球場の跡地に建てられた商業施設である。日本では初めて商業施設の上に1周300mのトラックが作られた。

日本初のエアトラック
日本初のエアトラック

このトラックは3レーンあり、外側1レーンは大阪城を眺めるなど、景色を見ながら歩けるようになっている。そして、裸足でも気持ちよく走れるよう全面人工芝になっており、子どもから高齢者まで幅広い年齢と目的に応じた走路になっている。そして、平日と土曜日は朝9時~夜11時30まで利用することができ、夜に走るのが心配な女性にも使いやすくなっている。そして何よりも、利用料が「無料」!

私は建設前からこの宙に浮かんだような「エアトラック」の監修にも携わり、オープンしてからも何とかこの世界でも珍しい施設を盛り上げようと活動してきた。そして、暖かくなったこの時期に私の記録にチャレンジしていただこうということで、今回の記録会をする運びとなった。

記録会みんなでウォーミングアップ
記録会みんなでウォーミングアップ
50m測定の模様
50m測定の模様

もっと日常に運動するきっかけを

ここで、記録会をすることが最終的な目的ではなく、エアトラックを多くの人に知ってもらい、ここに買い物や食事などに来た際に気軽に上にあがってきてもらい歩いて景色を見るも良し、ジョギングして汗を流してもらうも良し、日常の生活の中で体を動かすきっかけを作っていただきたい。

300m測定の模様
300m測定の模様

この商業施設には、エアトラックだけではなく、健康的な食事を提供するレストランやボルダリングジム、フットサルコート、フィットネスクラブなど人々の健康意欲を刺激する仕掛けがたくさんある。私を始めトップアスリート監修によるキッズスクールも施設内で行われている。http://kids.sportsoasis.co.jp/shop/kz18/school/AthleteLab/index.htmlさらに、市民が持ち寄った本がならぶ「まちライブラリー」では、みんなで育てていくライブラリーとして定期的にイベントも行われ、サロンのようなコミュニケーション機能も持つスペースとなっている。そして、施設北側には大阪城公園があり、まさしく健康と文化、歴史そしてスポーツが融合した場所と言えるであろう。

ここに来るとワクワクしてまた来たくなるような仕掛けを作っていきたい。定期的なイベントや広場を使ったマルシェなどもっとこの施設を有効活用し、人々のコミュニケーションが増えるようになることが健康的な生活への第一歩になる。

ちなみに、「第1回ヘルスエイド エアトラック記録会」の記録は私が出した、50m5秒80と300m42秒15であった。第2回目大会では、私のエアトラック記録への挑戦者を待っている!