日本同様、中国の少子化問題

日本の少子化と同様、中国の少子化が止まらない。

中国で2021年の出生数は1062万人で、1949年の建国以来最も少なかったそうである。1062万人も産まれているのか、と思うかもしれないが、人口が日本の10倍以上もあるのだからそれくらいの規模になる。

普通出生率(人口千対出生率)の長期推移を見れば、その減少っぷりは明らかである。

ご存じの通り、中国では1979年から「一人っ子政策」が導入された。日本でも1974年に「二人っ子政策」的な「子どもは二人まで宣言」が出されていたが、1970年代は全世界的に人口抑制こそ正義だった時代である。

「子どもは二人まで」国やメディアが「少子化を推進していた」という歴史的事実

「一人っ子政策」だけが原因ではない

とはいえ、中国であっても「一人っ子政策」をしたからといって急に出生数が減るものではない。実際、中国では一人っ子ばかりではない。農村地域では、働き手確保のために「1人目が女子の場合は、2人目を産んでもいい」という規定もあった。あえて罰金を支払って第2子、第3子を産む親もいた。事実、「一人っ子政策」を導入して8年後の1987年がもっとも出生率の高い年となっている。

写真:アフロ

2015年に「一人っ子政策」が廃止され、2016年に出生率が多少上向いたが、それ以降の下落ぶりは凄まじい。中国政府は、2021年には3人目を認めると発表したが、この少子化はもう止まらないだろう。たとえ中国であったとしても。

なぜなら、問題は少子化ではなく、非婚化にあるからである。

中国の「結婚減少」の凄まじさ

中国の婚姻数は2013年の1327万組をピークに7年連続で減少。しかも2020年の婚姻数は2013年対比40%減である。日本の婚姻数も激減してはいるが、それでも同時期の2013年対比では18%減にとどまる。つまり、中国では日本の倍以上の非婚化というか、「結婚難」に陥っている。

2010年を100とした、日中の婚姻数の10年間の推移をみていただきたい。

2013年以降、中国の婚姻数の減り方は尋常ではない。実数でいうと、2019年に1000万組を割り、2020年には900万組を割って813万組となってしまった。

日本同様、中国でも婚姻数と出生数は強い相関関係にあり、婚姻が減ることは、すなわち出生が減ることを意味する。

出生数が増えない問題は「少子化」ではなく「少母化」問題であり、解決不可能なワケ

前述した通り、「一人っ子政策」下の中でも、普通出生率がもっとも高かったのは1987年だが、その年に生まれた子どもたちは現在34歳あたりの世代である。まさに、結婚適齢期の子どもたちが多く生まれているにもかかわらず、婚姻は増えないのだ。

写真:アフロ

尋常ではない中国の離婚増

婚姻が減るだけではない。もっと悲惨なのは、離婚の激増である。

グラフで一目瞭然だが、特殊離婚率換算で2012年頃まで20%以下だった離婚率が、2017年には日本に並び、2020年には45%を超えている。日本の「3組に1組は離婚」どころか、中国では「2組に1組が離婚」しているのだ。

婚姻数が2013年対比で2020年40%減しているのに、離婚数も同時期対比34%増なのである。ただでさえ結婚カップルが減っているのに、輪をかけて離婚しているのだが、それではとても出生が増えるわけがない。つまり、中国では「結婚が作られず壊される」というまさに「結婚滅亡」状態にある。

私事だが、2017年1月に拙著「超ソロ社会」を上梓し、その年の6月に公益財団フォーリンプレスセンターで、海外メディア向けの講演をしたことがある。その取材記事が最も多数掲載されたのが中国メディアだった。当時は不思議に思っていたが、なるほど中国にとっては他人事ではなかったようだ。講演では「世界に先駆けて日本はソロ社会になる」などとお話ししたのだが、むしろ中国が日本を追い抜く勢いである。

国ひとつ分男が余っている

離婚はさておき、中国のこの婚姻減を招いている要因のひとつが「男余り」である。

日本の未婚者の「男余り」現象についてはすでにご紹介した通りで、約300万人の未婚男性には結婚したくても相手がいない。

しかし、これは中国においても同様で、人口が10倍以上の中国においては、「男余り」の規模も10倍で、2018年の中国統計年鑑によれば、15歳以上の未婚者でみると、3394万人の「未婚の男余り」である。国ひとつ分の規模で、余った未婚男性が存在することになる。まさに、中国の男たちにとっては「婚難(困難)の時代」到来である。

結婚したくても、340万人もの未婚男性には相手がいない「男余り現象」の残酷

しかし、中国の未婚男性たちを「婚難」にしている要因はそれだけではない。もっと生々しい「お金」の問題が絡んでいる。それについてはまた後日。

写真:アフロ

関連記事

日本でも結婚はお金の問題である

結婚は、もはや贅沢な消費である~独身男女が直面する「結婚の沙汰も金次第」の現実

「高望みはしません。年収500万円くらいの普通の男でいいです」という考えが、もう「普通じゃない」件

-

※記事内グラフの無断転載は固くお断りします。