【テニス】半年ぶりのシングルスで元世界1位と対戦。久々のシングルスで加藤未唯が見た勝負の真理

試合後に長身のアザレンカ(右)と握手する加藤

  今季、初のシングルスをメキシコ開催のモンテレイ・オープンんで戦った加藤未唯が、予選3試合を勝ち抜き本戦出場。その初戦で、元世界1位のアザレンカと対戦しました。

 一昨年のジャパン女子オープン準優勝でランキングを大きく上げた加藤は、昨年は単複両方でのツアー定着を目指し、シングルスでもツアーを中心に転戦。しかし、ケガもあり望むような結果を手にできず、ダブルスとの間に乖離が生じました。そこで昨年の後半からは、ダブルスを中心に大規模な大会を転戦。その選択の背景には、来年開催の東京オリンピック出場への想いもあったでしょう。

 

 今回モンテレイを訪れたのも、あくまでダブルスが主目的。ただ、シングルス予選のカットオフが低かったためエントリーすると、ラストインで滑り込みの出場を果たしました。

 約半年ぶりのシングルスは、初戦と2回戦ともに3時間近くに迫るフルセットの大接戦。そこを、自信を持つ走力と粘り強さ、そして久々にシングルスを戦う喜びで競り勝つと、ご褒美のように待っていたのが、元世界女王との対戦です。

 

 「すごく楽しみ!」にしていたその一戦で、加藤は自分の存在をアピールするかのように、持ち味を発揮します。コートを広く使って走り合いに持ち込めば、優位に立つのは加藤の方。時にはドロップショットも放ち、元世界1位を慌てさせます。第1セットは6-4で失うも、両者の総ポイント数の差はわずかに2。第2セットでは連戦の疲れもあり突き放されますが、楽しみにしていたその対戦の一瞬一瞬を、「噛み締めながら」の試合でした。

 

 昨年は、欲して追い求めても手に入らなかったものが、今回、不意に訪れる――その現実に、「残酷ですね」と思わずこぼれる本音も。ただ、今回改めて気づいたその真理は、欲するものをつかむための鍵でもあるはずです。

※テニス専門誌『Smash』のFacebookより転載