「自殺しか道はないと思っているあなたへ」父を亡くした娘の言葉がノルウェー国民を動かす

棺の前で別れの言葉を述べる娘のマウドさんとルイーセ王女(写真:ロイター/アフロ)

ノルウェー王室のマッタ・ルイーセ王女の元夫であるアリ・ベン氏が、クリスマスに自殺をした。葬式は3日にオスロ大聖堂で執り行われた。

自殺がタブーで、クリスマスの孤独が社会問題だったノルウェー。元王室一家の一員であった有名人の死は、国民に大きな衝撃を与え、クリスマスや年末年始は悲しい雰囲気に包まれた。

葬式は現地の公共局で生中継された。ノルウェー王室一家は全員参列し、スウェーデンの王室メンバーやノルウェーの首相や閣僚も出席。

ベン氏の家族や、ルイーセ王女との間に生まれた3人の子どもたちの顔の撮影などは遠慮してほしいという要望に、公共局は家族の撮影を控えめに行った。

子どもたちたちを代表して、マウド・アンジェリカさん(16)はお別れの言葉を壇上で読み上げた。その様子は中継され、隣ではルイーセ王女が寄り添い、娘の背中を支え続けた。

マウドさんは父親の似顔絵を描いていた。「クリスマスにプレゼントにするつもりだったのに、渡せなかった」と、絵は棺の上に置かれた。

注目を集めたのは、そのスピーチ内容だった。大好きだったパパへの愛と感謝の言葉を述べるだけでなく、精神的に病んでいる国民へ、マウドさんはこう語りかけた。

「パパはとても疲れてしまって、この世界を離れることでしか出口はないと感じていました」

「精神的な病気を抱えている、全ての人に伝えたいことがあります。出口は、必ずあります。そうとは思えないかもしれないけれど。外の世界には、助けてくれる人たちがいます。助けを求めることは、弱さではありません。強さです」

「命を絶ったほうがいいなんて、思わないでください。それは間違いだって、私はあなた方に約束できます」

「大好きよ、パパ。パパは私のことをダイヤモンドだって言ってくれたけど、私にとってはパパが輝くダイヤモンドだよ」

父親との別れの儀式で、生中継に立つ心強さ。大切な場で、心の病気を抱える国民にメッセージを送った16歳の優しさは、現地メディアや市民に高く評価された。

「彼女の言葉は、これから多くの人たちを救うだろう」と各紙に評価され、参列して涙を流していたソールバルグ首相はNRKにこう述べた。

「あなたを大切に思っている人がいるから、助けを求めてほしい。国民に私たちはそう伝えたい」。

ベン氏の棺を担いだメンバーのひとりには、ホーコン皇太子の姿もあった。

ノルウェーではメンタルヘルスに関しては、日本よりもオープンに話され、ケアも進んでいると私は個人的に感じている。しかし、自殺だけは別問題だった。

自殺がタブーだったノルウェーでは、ベン氏の死や王室のオープンな態度をきっかけに、世論が大きく変わりそうだ。

Text: Asaki Abumi