「素晴らしい女性」デンマーク首相を褒めるトランプ氏 国民や野党が仲直り劇に大喜び「大人の対応」

首相の一連の対応を野党も絶賛 筆者撮影 Photo:Asaki Abumi

グリーンランド買収を「ばかげている」とコメントしていた、デンマークのメッテ・フレデリクセン首相。トランプ米大統領は、アメリカに対する失礼な発言だとして、9月頭に予定されていたデンマーク訪問を取りやめた。

感情的なトランプ氏に対し、首相に就任したばかりのフレデリクセン首相は、冷静な大人の対応を演出していた。

「みなさん、こんばんは。アメリカ大統領が訪問を中止したことには、もちろん驚いています。しかし、アメリカとデンマークの友好関係は協力に結ばれています」

出典:デンマーク首相のFacebook(デンマーク語)
  • 「とてもプロらしい対応でした」
  • 「あなたを誇りに思う」
  • 「あなたが首相でよかった」

デンマーク市民からは、応援するコメントが相次いだ。

トランプ氏の今回の言動は、同氏の北極圏に対する関心を改めて浮き彫りにさせた。北極圏に位置し、ロシアと国境が近い北欧他国も、「他人事ではない」と捉えていた。

23日、トランプ氏は突然、態度を豹変させた。あまりの急展開に、周囲の国々も驚かせている。

トランプ米大統領は23日、デンマークのフレデリクセン首相を一転して「素晴らしい女性だ」と称賛する言葉を繰り返した。

「それにしても彼女は素晴らしい。電話をかけてきてくれた。とても感謝している」

出典:時事ドットコム 一転「素晴らしい女性」=デンマーク首相をべた褒め-トランプ米大統領

これまでの記事でも書いてきたが、北欧各国は自分たちが「小国」であり、大国とのつながりを保たなければというサバイバル意識が根強い。「米大統領が北欧の首相を相手にする」こと自体、稀だと考えられている。

私が住んでいるノルウェーでも、ソールバルグ首相がトランプ氏やG7サミットの首脳たちと何かしら交流があるものなら、大きなニュースとなる。

自分の国の領土は「売り物ではない」と堂々と宣言することで、国民から高く評価された。

そもそも、「グリーンランドは、グリーンランドの人々のものである」という発言もしていたので、独自の自治政府があるグリーンランドの人々を喜ばせていた。

同時に、トランプ氏に堂々と言い返し、大物を不機嫌にさせた。

結果、仲直りして好かれるというドラマは、勇気ある綱渡りとして羨ましがられるだろう。彼女がまだ首相として経歴が浅いという背景も、国民や周辺の国々はよくわかっている。

今回の仲直りの電話は、デンマーク首相からだったとデンマーク外務省は認めている(ノルウェー国営放送局NRK)

グリーンランドに領事館

同時に、アメリカがグリーンランドに領事館を置くことが判明した。グリーンランドでのアメリカ領事館は1953年になくなっていた。

トップの仲が悪くなっている中、両国の外交官たちは、関係改善のために必死に動いていた。

グリーンランド買収の代わりに、領事館の設置でとりあえずは満足させたのだろうか?

子どもに大人の対応をした

今回のデンマーク首相の「大人の対応」は、同国では本来は批判する側に回っている野党やラース・ロッケ・ラスムセン前首相も絶賛している(デンマーク国営局DR)

デンマーク国民は首相の対応を誇りに思っているだろう。

国営局は、トランプ氏が彼女を「ワンダフルな女性」と言っている動画を目立たせて報じている。

9月2・3日に中止された訪問だが、新しい日程は確定していない。騒動は、両国の安全保障協力の強化につながるか。

2人が顔を合わせる日は、そう遠くはないのかもしれない。

Photo&Text: Asaki Abumi