ノルウェー皇太子夫妻が性の祭典オスロ・プライドを初訪問 

手をつないで現場を視察した皇太子夫妻 Photo: Asaki Abumi

北欧ノルウェー最大級のLGBTQIの祭典、オスロ・プライドが14~23日に開催中。

王宮へと続くカール・ヨハン通り沿いでは、プライド広場が臨時に設置されている。

政党、団体、企業らがスタンドを立てて、多様性のある性の社会の実現のためにどのような取り組みをしているか市民に紹介 Photo: Asaki Abumi
政党、団体、企業らがスタンドを立てて、多様性のある性の社会の実現のためにどのような取り組みをしているか市民に紹介 Photo: Asaki Abumi
オスロ市長や国家議員らを初めとして、多くの政治家も訪れる。写真は最大規模の政党・野党の労働党 Photo: Asaki Abumi
オスロ市長や国家議員らを初めとして、多くの政治家も訪れる。写真は最大規模の政党・野党の労働党 Photo: Asaki Abumi

ノルウェーでは、性的少数者は差別を未だに受けている実情もある。偏見の目にさらされることを恐れる人が安心できるようにと、出入り口の警備は厳しめで、警官の姿も多い。

20日、王位継承権をもつホーコン皇太子とメッテ・マーリット皇太子妃が夕方5時にプライド広場に現れた。

Photo: Asaki Abumi
Photo: Asaki Abumi

王室の広報とプライド側によると、ノルウェー国王夫妻はプライド行事を視察に来たことはなく、皇太子夫妻の訪問は今回が初めてだという。

Photo: Asaki Abumi
Photo: Asaki Abumi

夫妻はセクシュアル・マイノリティの認知運動などに携わる団体やオスロ市のブースを訪問後、現場でボランティアとして働くスタッフと交流した。

人々は突然の皇太子夫妻の登場に驚き、スマホで写真を撮る人が続出。夫妻は市民とも挨拶をした。

王室メンバーの訪問は、多様性のある性の社会を支持するとして、強いシグナルを社会に送る。

「訪問は素晴らしいことであり、重要な意味をもつ。夫妻は、ノルウェーでの平等と多様性のための闘いのロールモデルと応援団として、これまでもその姿勢を明確にしてきた」とプライド祭の代表ドレイエル氏は報道陣に語る。

Photo: Asaki Abumi
Photo: Asaki Abumi

皇太子夫妻の初のプライド訪問は地元メディアでも報道された。

夫妻は今回はイベント会場の訪問のみで、週末の大規模な行進には参加予定はないという。

いつか、王室メンバーが行進の先頭に立つ日が訪れるのかもしれない。

Photo: Asaki Abumi
Photo: Asaki Abumi

Photo&Text: Asaki Abumi