1晩でトナカイ80頭が列車と衝突 ノルウェー

事故現場は血の海に(ペイレスイメージズ/アフロ)

ノーベル平和賞授賞式の話題でオスロが盛り上がっていた10日。トナカイと列車の衝突の知らせが絶えないノルウェーのノールラン鉄道から、さらなる悲報が入った。

新たに80頭のトナカイが1晩でひかれた。

当初は「30~50頭」と地元では報道されていたが、その後、数は増え続ける。

飼い主らは、自分たちのトナカイがひかれたことをニュースで知り、「うつになりそうだ」と国営放送局NRKに答える。

20頭ほどはまだ生きていたが、大きな傷を負っていたため、殺処分された。

ノールラン鉄道で命を落としたトナカイの数は、すでにこの数週間だけで150頭を超えている。

来年からは計画を前倒しして、路線周辺にフェンスが設置される予定。

鉄道会社は、飼い主らに損失額を請求され、動物愛護団体からは警察に通報された。

Text: Asaki Abumi