ノルウェーのダンサー792人がセクハラ抗議「 #MeToo をただのハッシュタグ運動で終わらせない」

各業界でセクハラを受けてきた人々が沈黙を破り始めた(ペイレスイメージズ/アフロ)

ノルウェーのダンサーたち790人以上が、セクハラ・性暴力が広がった業界の職場環境とカルチャーの改善を訴えた。

業界関係者の女性たち1100人は、限定公開されたFacebookページに集った。792人は実名を公開して、抗議書簡を地元の最大手紙アフテンポステンに投稿し、12日に公開された。

13日のアフテンポステン紙 ダンサーたちから業界への改善要望などを掲載 Photo: Asaki Abumi
13日のアフテンポステン紙 ダンサーたちから業界への改善要望などを掲載 Photo: Asaki Abumi

フリーランスで働く人が多く、人間関係に雇用状況を左右されやすい業界。権力がある年配の男性に、若い女性がセクハラ対象となることが特に問題視されている。

同紙によると、安定した正社員としてダンサーを雇う場所はノルウェーには2か所しかない。ダンスアート団体に加盟しているダンサーの690人は不安定な短期契約だ。

セックスの対象としてではなく、もっと安全な職場環境であってほしいと訴える女性たち。

同団体のトマッセン副代表は同紙でこう語る。「 #MeToo はこの問題を公にするうえで最高の出来事となった。ただのハッシュタグ運動で終わらせない。業界の力関係と空気を変えていく」。

書簡では、実際に起きたとされる12のエピソードが匿名で紹介されている。

Text: Asaki Abumi