「Yes! I can!」2000人がノーベル平和賞受賞者の応援に駆け付けた オスロの冬の夜

ICANのフィン事務局長と、被爆者のサーロー節子さん Photo:Abumi

10日のノーベル平和賞授賞式が終わった夜、オスロでは2000人以上の人々が受賞者を祝いにパレードに参加した。

オスロ中央駅から、カール・ヨハン通りをまっすぐに歩き、受賞者が宿泊するグランド・ホテル前まで歩く。ホテルのバルコニーから受賞者が姿を現し、人々に手を振る。これは毎年おこなわれている恒例行事だ。

NATO加盟国ノルウェーも核兵器禁止条約に署名することを訴える文字も Photo: Asaki Abumi
NATO加盟国ノルウェーも核兵器禁止条約に署名することを訴える文字も Photo: Asaki Abumi

受賞者の姿はテレビ画面などで見ることが多い。この夜の行事では、現地の人々がみんなで歩き、思いを共にし、受賞者と最も近い距離を体感できる。

この日のオスロは冷え込み、18時過ぎに行進は始まった。

マイナス6度の中、肌に冷たい風が痛く刺さる。

筆者はホテル前で撮影のために場所取りをしていた。駅方向からゆらゆらと近づいてくる行進は、大きな波のように見えた。

ノルウェーの複数の政党も参加した Photo:Asaki Abumi
ノルウェーの複数の政党も参加した Photo:Asaki Abumi

この出来事を日本へと伝えようと、日本からは大勢の報道陣が駆け付けていた。

ノルウェーに住んで9年目になるが、現地でここまでたくさんの日本メディアが集まっているのは初めて見た。

被爆者の思いを日本へと伝えようと、各地で取材をする日本人の姿はノルウェーのメディアにも印象強く残ったようだ。知り合いのノルウェー人フォトグラファーたちが「日本のメディアがたくさん来ているね」と何度か話しかけてきた。

19時頃にホテルのバルコニーからはICANのベアトリス・フィン事務局長と、カナダ在住の被爆者のサーロー節子さんが姿を現す。

通りからは大きな歓声があがり、2人はその光景に感動しているようだった。

Photo: Asaki Abumi
Photo: Asaki Abumi

ピースボートのツアーで参加した広島や長崎被爆者の姿も、ノルウェーのメディアで報道される(NRK)。筆者の隣では現地の通信社が動画をストリーミング配信でノルウェー各社に流していた。

「Yes! I can!」(イエス!アイ・キャン!)という言葉を、人々は何度も繰り返していた。

冬の冷たさは、人々の元気な掛け声と、明るく揺れるたいまつの光に打ち消されていた。

Photo&Text: Asaki Abumi