同性愛者である保健大臣が大絶賛! 男子高生の同性愛を描いたノルウェー発・高校生ドラマ『SKAM』

Photo: NRK

16日、ノルウェーの高校生ドラマ『SKAM』(恥)のシーズン3が最終話を迎えた。高校生たちの日常や葛藤をリアルに描いた作品は、北欧各国などで大きな反響を呼んでいる。

今シーズンでは、男子高校生イーサックとエーヴェンの同性愛を自然と描いている。ファンが英語字幕を付けたものはネットで広まり、LGBTIのネットワークからも好評を得た。

男性同士の恋愛に加えて、宗教、精神病、友情、親子関係など、社会のタブーも含めた複数のテーマがいくつも絡み合った今作。連日アップされる短いクリップを見ようと、公式HPをクリックする人が後を絶たない現象が続いた。

最終話が公開された日、ベント・ホイエ保健・ケアサービス大臣が、自身のフェイスブックとツイッターで、『SKAM』を賞賛するコメントを投稿した。同大臣は、同性愛者として知られており、同じ保守党の男性と結婚している。

ホイエ大臣(左)と夫(右) Photo: Asaki Abumi
ホイエ大臣(左)と夫(右) Photo: Asaki Abumi

今晩でSKAMが最終話を迎えます。イーサックをまるで自分のように感じたのは、きっと私一人だけではないでしょう。イーサックとエーヴェンの物語をフォローすることができた体験は素晴らしいものでした。これほどまでに、愛というものが、美しく、胸を刺すように熱烈に描写されたものを、私は見たことがありません。

このシリーズを作ってくれたスタッフの皆さん、そして若い俳優の皆さん、ありがとう。皆さんは、偏見を破り、周りと違った存在でいることを、楽にしてくれました。ありのままでいいのだよと、SKAMが若い人々にインスプレーションを与えますように。#evak

出典:Bent Hoie大臣, Facebookページ

同大臣が文末に書いた「#evak」は、主人公2人のイーサック(Isak)とエーヴェン(Even)の名前を合わせた文字。ネット上でドラマを語る時に#evakとファンが書くようになった。「ありがとう、#evak」など、そのハッシュタグを付けるだけで、視聴者がドラマに夢中になっていることを表していた。

ホイエ大臣は、ノルウェー国営放送局NRKの取材に対しこうとも答えた。「私が若かった時に、このようなテレビシリーズが必要でした。きっと大きな安心感を覚えていたでしょう、自分だけではないのだと」。

ノルウェーの政治家は、性的少数者の人権を守ろうと、こんなにも必死だ。右翼・左翼は関係ない

SNSを駆使した『SKAM』が北欧で人気沸騰中 テレビの常識を打ち破る

『SKAM』勢い止まらず、シーズン4と米国版の放送が決定

世代や国境を越えて広がるノルウェーのドラマ『SKAM』北欧言語賞を受賞

Text: Asaki Abumi