SNS疲れとインフルエンサーの憂い 任天堂を誰よりも愛した米YouTuber死す 

ポケモンも大好きだった、生前のEtikaさん。(YouTubeのキャプチャ)

人気YouTuberのEtika(エティカ)ことダニエル・デスモンド・アモファ(Daniel Desmond Amofah)さん(29)が6月25日、ニューヨーク、マンハッタン東を流れるイースト川で遺体で発見され『ニューヨークタイムズ』紙などが報じた。

Etikaさんは今月19日夜から行方不明になっていた。その直前に自殺をほのめかす動画『I’m Sorry』を投稿し、財布、携帯電話、Nintendo Switchなど所持品一式がイースト川にかかるマンハッタン橋で見つかっていた。自殺とみられている。

任天堂ゲームの大ファンだったEtikaさんは、新しいゲームやサービスがリリースされるたびにオーバーリアクション気味に実況中継して人気者になり、Instagramは約42万、Twitterは36万以上のフォロワーがいる。YouTubeのアカウントがガイドライン違反で削除され、1ヵ月前に新しいアカウントをスタートさせたばかりだった。(現在の登録者数は14万以上)

ゲームやアニメなどいわゆるオタク文化が好きだったEtikaさんは、アメリカはもちろんのこと、日本では「ガイルくん」という愛称で知る人ぞ知る人物だった。

「誰か僕と日本のオリンピックに行かない?ただ問題は13時間もの飛行時間だけど...」と、日本訪問に興味を示していた。(つい先月の投稿)

『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』発売の発表のとき。産みの親でもあるゲームクリエイター、桜井政博さんの登場に興奮が冷めやらぬ様子。

彼の独特の実況中継スタイルは人々に愛された。インターネットスターの突然の死を受け、ファンはSNS上で驚きや戸惑いを隠せない。

彼はなぜ死を選んだのだろう?

人気者ゆえの憂い

恵まれた容姿を生かし、モデルやラッパーとして以前活動していたEtikaさん。YouTubeでゲームの紹介やライブストリーミングを始めたのは2012年のことだ。ノリの良さと笑顔と愛嬌でファンが増えていき、登録者数が80万人にも上った。しかし18年10月、彼は自身のポルノをYouTubeに投稿したり、同性愛者などの差別発言のストリームをTwitchで流すなど、問題行動が目立つようになった。それぞれアカウントが削除され、彼はソーシャルメディアで「死ぬ時がきた」とほのめかした。(数時間後に撤回)

今年4月16日には、州内で購入したピストルで自殺するとTwitterでほのめかし、警察沙汰になり入院。

「俺はもうじき死ぬからな!お前たち人間全員、恥を知れ!」というツイート。

退院後の29日、近しい友人をソーシャルメディアからブロックし、心配したファンが警察を呼び、武装した警官隊に自宅で拘束された。その様子はInstagramで1万9,000人に向けライブストリーミングされた。

生配信された拘束されるまでの様子。銃社会のアメリカで両手に何も持ってないことをアピールしながら怯えている様子や、何度も「革命」と叫んでいるのが印象的。

動画からのキャプチャ。一時期は笑顔で「精神的にもう大丈夫」とメッセージを送っていたのだが。
動画からのキャプチャ。一時期は笑顔で「精神的にもう大丈夫」とメッセージを送っていたのだが。

遺言をYouTubeに投稿し失踪した

EtikaさんのYouTubeやInstagramを見る限り、俗に言う「引きこもり」のような印象はなく、健康的で社交的で明るく、ゲームやアニメが異常に好きという以外は、どこにでもいそうな普通の29歳の青年に映る。

しかし、Twitterに1日何十本も連続投稿したかと思えば、その後何日も放置したり、「時々、人間が嫌い」「アニメの女性とヤリたい。生身の女はごめんだ」などの文言のツイートをするなど、「裏の顔」「心の闇」を覗かせていた。

そして、彼は最期のビデオで「有名になる中でソーシャルメディアで精神を著しく消耗し病んでしまった」と告白した。

動画からのキャプチャ。
動画からのキャプチャ。

予約投稿により19~20日にまたがる真夜中に公開された『I’m Sorry』という約8分の動画はYouTubeの判断で20日に削除されたが、ファンにより複製された動画や追悼ビデオが次々に上がっている。(もし見たければ、「Etika I m Sorry Video ( Heartbreaking last Video )」などでワード検索したら出てくるかもしれない)

動画で、彼はゲーム仲間や友人、家族、ファンに対して謝罪し、「本当はこんなこと望んでいなかったけど…」と、不本意であることを覗かせた。

最期のメッセージの概要

「精神的な病気を抱え、たくさん間違いを犯した。楽しい人生だったが、自分を取り囲む壁があまりにも速く閉じてしまい、もうどうにもならない。過剰なソーシャルメディアと精神疾患とエッジネス(緊張や不安)すべてが重なり合った結果だ。ストリーミングの注目度にももがいていた。もっと強い人間になりたかった。自分のストーリーがソーシャルメディアの警告物語になることを望む」

この動画を最期に彼は自死した。

途中大きなため息が漏れ、唇を噛みしめるなど思い悩んでいる様子は窺えるものの、危なそうな人、大きな精神病を抱えている人、これから死のうとしている人、には決して見えない。しっかり目線を送りながら最期のメッセージを堂々と送るその姿は驚くほど冷静で勇敢にも見え、たまに笑顔さえもこぼす。

名声や成功を手にして他人には羨ましく見えても、胸の内は決してわからない。皆、それぞれの悩みを抱えているものだ。表では無理して笑いながら心の中で泣いている、というのは、きっと誰でも経験としてあるのではなかろうか。

Etikaさんの死を受け、フォロワーからは「インフルエンサーは、弱いところではなくいつも笑顔でいることが求められる」「彼らの(心身の)健康についてもっと話し合いの場を持つべき」「(人気者になればなるほど)高まる期待に応えなければならなくなる。休息の時間が取れないと、結果的にこうなる」「メンタルヘルスは深刻な問題。今こそ皆が助け合っていかないといけない」など、彼の死を惜しむ声が次々に上がっている。

また彼のレガシーを残すため、削除されたオリジナルチャンネルの復元を懇願しようと、Change.orgを通した署名が38万以上集まっている。

これほど多くの人に愛されても、死んだらおしまい。自殺防止ホットラインを利用したり、オンライン上から姿を消すなどして、何とか踏みとどまってほしかった。

マンハッタン橋から見たイースト川の景色。彼はどんな気持ちでここから投身したのか。R.I.P. (c) Kasumi Abe
マンハッタン橋から見たイースト川の景色。彼はどんな気持ちでここから投身したのか。R.I.P. (c) Kasumi Abe

(Text by Kasumi Abe) 無断転載禁止