Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DEAN FUJIOKAが聞く! モーリー・ロバートソンが東大とハーバード大に同時合格した経緯

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J-WAVE NEWS

さまざまなクリエイターに“情熱”について聞く、J-WAVEで放送中の番組『ROPPONGI PASSION PIT』(ナビゲーター:DEAN FUJIOKA/三原勇希)。6月20日(土)のオンエアでは、モーリー・ロバートソンが登場した。 【画像】キャップを被るDEAN FUJIOKA モーリーは1963年生まれニューヨーク出身。日米双方の教育を受けたあと、1981年に東京大学、ハーバード大学に同時合格したことが大きな話題となる。1988年、ハーバード大学を卒業後、J-WAVEナビゲーターを中心に、さまざまな放送実験を行う。現在は国際ジャーナリスト、ミュージシャン、情報番組のコメンテーターなど、幅広く活躍している。そんなモーリーに、少年の頃に感じた日本とアメリカの文化の違いや、発信者として見せる「黒い部分」「白い部分」の使い分けを聞いた。

アメリカと日本の文化の違い

モーリーとDEANは、モーリーがナビゲーターを務める番組にDEANが出演して以来の再会だという。 モーリー:そのときはインドネシアの音楽や文化についていろいろと伺ったような気がします。あとはDEANさんの活躍がいくつものコンチネント(大陸)にまたがっているので、その話を聞きました。 DEAN:その節はありがとうございました。 三原:これまでのキャリアのなかで、モーリーさんがどのようなことに情熱を燃やしてきたのか、という話を伺っていきたいと思います。1981年に日米の最難関大学を両方受けた理由はなんだったんでしょうか? モーリー:いろいろな流れがつながっていってそうなったところがあるので、最初から記録作りとか「難関を突破する」という思いはなかったんですね。 父がアメリカ人で母が日本人のモーリーは、国際的な文化に触れて育ってきた。アメリカと日本は当時、今以上に文化の隔たりがあったそうだ。学校の授業の進め方も大きく異なり、自分の能力が発揮しきれない、というハンデがあったという。 モーリー:いろいろ考えた結果、最終的に「日本の高校を卒業しよう」と決めたけど、環境にうまく自分がフィットしなかった。アメリカだといいところだと思われているところが裏目に出て、あっちで褒めてもらえたことが、こっちでは「やるな」と言われるとか、いろいろあったんですね。なんとなく追い込まれて「じゃあ自分は何ができるのか」を数字にして見せないといけない状態になっちゃったと。とりあえずバイリンガルだったので、英語の得点はとれるから、あとの弱い科目を余った時間で補強して、いわゆる偏差値というものを上げていけば認めてもらえるような雰囲気があったんです。逆転の発想で勉強を始めたら、偏差値が上がっていくうちにハーバードも射程に入ってきて。だから、なんとなくですね。 三原:なんとなく。 モーリー:もちろん、追い込みをかけて自分で知力や体力の増強、映画『ロッキー』みたいに早起きしてマラソンして生卵を飲むような(笑)、ああいう感じのこともやっていました。 「アメリカでは普通の子だったのに、日本に来るや否や不良みたいになっちゃった」と自身を振り返る。アメリカでは「勉強も恋もできることが素晴らしい」という価値観だったが、日本では男子校だったこともあり、交際が「不純異性交遊」と言われてしまうことがあったという。 モーリー:今となれば誤解だと思うんですけど、不良で危険な人物ということになっちゃって、クラブ活動も禁止されるぐらいだったんです。 三原:えー、つらい! モーリー:つらいでしょ? このシステムのほうが間違っていると思うんだけど、僕は「1対全員」だから許されない。どうするんだといったときに、みんなが納得する成績という形で自分の能力を示せば、とりあえず「不良だとは言わせない」みたいになったんです。 モーリーは学校でのバンド活動が禁止されていたことから、他校の生徒とバンドを組むなど「裏をかく」こともあったそうで、それは「ある種ジョーク的な側面があった」と振り返る。 モーリー:言ってみれば、学校のシステムに矛盾を突きつけて「おかしいでしょ?」って。自分のなかでは対話をしているつもりなんですよ。17歳の時点でね。 三原:すごいバイタリティですね。 モーリー:だよね。今の僕にはできない(笑)。今だったら「あの生徒は危ないですよ」って先生に告げ口して報酬をもらうほうになるだろうね。「大人のズルさ」みたいなね(笑)。 DEAN:あはは(笑)。

【関連記事】