Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

加藤浩次『スッキリ』11日ぶり復帰 肺炎から回復で元気な姿「みんなに“やせた”と言われて」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 肺炎のため入院していたお笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(51)が19日、MCを務める日本テレビ系『スッキリ』(月~金 前8:00)に8日の放送以来11日ぶりに出演し、復帰を果たした。 【画像】狂犬・加藤の愛娘に…山本圭壱がまさかのお願い  加藤は発熱のため9日、同番組を欠席。その後、新型コロナウイルスのPCR検査を2度受けたが、いずれも陰性。12日には肺炎の疑いで入院し、細菌性肺炎であることが判明した。治療ののち16日に退院し、18日には加藤の個人事務所がきょうの『スッキリ』で復帰することを発表していた。  番組冒頭、「ご迷惑をおかけして、申し訳ございません」と張りのある声で元気にあいさつした加藤。まずは、2度のPCR検査などを経て細菌性肺炎と診断に至るまでの経緯を詳細に説明した。  9日に発熱しその後受けた最初のPCR検査で陰性となったが、週末には解熱剤を飲まないと39度台の状態が続いたという。月曜に改めて病院に行き、2度目のPCRと併せ大学病院でCTも撮ったところ肺に影が写ったが、新型コロナのケースとはまったく異なるものであると診断。PCRの方も陰性となり、細菌性肺炎として治療を受けたと明かした。  入院中あまり食べられなかったそうで見た目もすっきりした印象。本人も「みんなにやせたと言われて…。(入院から)帰ってきた時、妻に『そんなに目大きかった?』って」と笑いながら話し、「1週間くらいしたらまた(見た目が)戻ると思います(笑)。今日からはもう、元気ですので」と完全復活をアピールしていた。

【関連記事】