Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MLB】史上最高の「豊作ドラフト」は? MLB公式サイトが特集

配信

MLB.jp

 日本時間5月25日、メジャーリーグ公式サイトのジム・キャリスは、過去の「豊作ドラフト」を特集する記事を公開した。1982年のドラフトでは、バリー・ボンズ、ランディ・ジョンソン、バリー・ラーキンといった高校生がプロ入りを拒否して大学へ進学。彼らが揃って指名された1985年のドラフトが史上最高の「豊作ドラフト」に選出された。

 オリンピック米国代表としてプレーしたB・J・サーホフ、ウィル・クラーク、ボビー・ウィット、ラーキンは、それぞれ1985年6月のドラフトでブリュワーズ、ジャイアンツ、レンジャーズ、レッズから全体1~4位で指名を受け、オールスター・ゲーム選出は合計19度。ラーキンはアメリカ野球殿堂入りも果たした。また、全体6位でパイレーツに指名されたボンズは、ドラフトでプロ入りした選手として史上最高のWAR162.8を記録。このほか、ピート・インカビリア、ウォルト・ワイス、ラファエル・パルメイロといった大学生や、ブライアン・マクレー、グレッグ・ジェフリーズといった高校生も1巡目で指名を受けている。

 これにより、1985年は「史上最高のドラフト1巡目」と呼ばれているが、2巡目以降のタレントも豊富だ。2巡目の全体36位ではジョンソンがエクスポズに指名され、タイガースは22巡目でジョン・スモルツを指名。この2人はラーキン同様、殿堂入りの名選手へと成長した。

 このほか、マーク・グレイス、ブレイディ・アンダーソン、チャック・フィンリー、ジョン・ウェッテランドらも1985年のドラフトでプロ入りした選手である。この年のドラフトが史上最高の「豊作ドラフト」であることに異論の余地はないだろう。

 キャリスが2位に挙げたのは1981年。この年はトニー・グウィンを筆頭に、デービッド・コーン、フレッド・マグリフ、マーク・ラングストン、フランク・バイオーラ、ポール・オニール、ジョー・カーターなど数多くの名選手を輩出している。

【関連記事】

最終更新:
MLB.jp