Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゴミ袋は新聞紙で。日用雑貨の支出を抑えて貯蓄アップ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

ESSEが行った『オカネジェンヌ・コンテスト』。それぞれに工夫を凝らし、年100万円以上貯蓄している人たちが全国から集まりました。 なかでも注目は、年200万円貯め、銀賞を受賞した野村蘭さんの“サスティナブル貯め”。その暮らしに迫ります。 食費、固定費はもっと減らせる!人に言えない限界節約術

“地球に優しいは財布に優しい”でムダ買いを徹底カット!

野村さんが“サスティナブル”について知ったのは3年前、偶然読んだ本から。 「当時は共働きで子どもたちも小さくて。毎日こんなに忙しくて大変なのに、貯蓄もできないし、好きな旅行にも行けないし、部屋はものにあふれて片づかない…と悩んでいました。資源を大切に、ゴミを出さない生活をしたら、ムダなものを買わずに出費が減らせるかも、と思ったんです」 軽い気持ちでエコバッグをもつことから始め、マイカップ、マイお手ふきももつように。さらにスーパーでビニール袋入りの野菜を買うのをやめ、農家から直接野菜を買ったら「安くて新鮮でおいしい!」とすっかりハマったそう。 「心がけているのは、今あるものでなんとかするということ。住宅洗剤や化粧品は手づくりしてビンづめに、収納は風呂敷で、などとゲーム感覚で代用品を考えるのも楽しくて。気がつくと、出費がどんどん減っていきました」 今では年間200万円を貯めながら、大好きな旅行も楽しんでます。 ※サスティナブルってどういうこと? 英語の「持続可能な」から来た言葉で、「資源を大切に、環境を保全しながら将来も続けていける」という意味。たとえば、「サスティナブルな生活」は、環境に優しく、エコに配慮した生活。 野村蘭さん(大阪府・42歳)のプロフィール 夫、長女、二女の4人家族。サスティナブルな生活をインスタグラムで世界に発信している。毎月8万円の貯金や生活費の黒字分、ボーナスなどを貯め年200万円の貯蓄を達成。 【野村さんの家計表】 夫の月収(手取り) 350,000円 妻の月収(手取り) 20,000円 児童手当 10,000円 収入合計 380,000円 住居費 120,000円 食費 70,000円 外食費 10,000円 電気料金 4,000円 水道料金 4,000円 ガス料金 6,500円 通信費(固定電話、携帯電話4台分、プロバイダー、NHK受信料など) 17,470円 日用雑費 3,000円 子ども費 13,000円 その他 10,000円 貯金 80,000円 支出総計 337,970円 収支 +42,030円

【関連記事】