Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最前線で闘う医療従事者やエッセンシャルワーカーを支援! アディダスがバーチャルスポーツイベントを開催

配信

FUNQ

1時間体を動かすごとに、1ドルを#COVID19Fundへ寄付する、#HOMETEAMHERO CHALLENGEに参加しよう

アディダスが、新型コロナウイルス感染症の影響により、最前線で活躍しているエッセンシャルワーカーを支援する活動として「#HOMETEAMHERO Challenge(ホーム チーム ヒーロー チャレンジ)」を5月29日(金)~6月7日(日)の期間に開催する。 世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影響により、現在も人々の健康や日々の生活を守るために、医療従事者、公共交通機関の職員、スーパーやドラッグストアの店員、配達員などのエッセンシャルワーカーが最前線でヒーローとして闘っている。「スポーツを通して、私たちには人々の人生を変える力がある」という信念をもとに、スポーツブランドとしてできることを考え、さまざまなアスリートやパートナーのサポートを得て、アディダスが出した答えがこのチャレンジだという。 5月29日(金)~6月7日(日)の期間中、ランニングや毎朝のヨガ、腕立て伏せ、スクワットなどにより、みんなが体を動かしアディダス独自のアプリ「adidas Running」、「adidas Training」や、Garmin、Zwift、Polar、Sunnto などのアクティビティー・トラッキングアプリを使ってその動きや時間を計測。その計測結果をもとに、1時間につき、1米ドルをadidas が「*#COVID19Fund」に寄付するというシステムだ。全世界で合計100万時間達成をすることによって、最大100万米ドルの寄付を目指す。 ※#COVID19Fund : COVID-19 Solidarity Response Fund for WHO(WHO のための新型コロナウイルス感染症対応連帯基金) またアディダスのアプリ「adidas Training」には、FC バイエルンミュンヘン所属のデイビッド・アラバ選手、ウルトラマラソン・ランナーのサブリナ・スタンリー選手、ラグビーウェールズ代表のジョージ・ノース選手など、トップアスリートが教えるガイド付きワークアウトが数多く提供されている。 スポーツを通して医療従事者やエッセンシャルワーカーをサポートするとともに、新型コロナ撲滅に向け、世界中の仲間たちとともに闘おう!

■参加方法 1.adidas Running またはadidas Training アプリをダウンロードし、アカウントを作成または自分のアカウントでログイン 2.(必要に応じて) Garmin、Zwift、Polar、Sunnto のアカウントを連携 3.5月18日よりアプリ内で開催されている#HOMETEAMHERO Challenge へ参加 4.5月29日~6 月7日の期間中にアプリを起動して運動を計測 問い合わせ アディダスグループお客様窓口 TEL:0570-033-033(営業時間:月~金 9:30~18:00) email : shop@adidas.jp

【関連記事】

最終更新:
FUNQ