Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アパホテル福島駅前 新型コロナ宿泊療養施設の借り上げ終了

配信

テレビユー福島

テレビユー福島

新型コロナウイルス感染者の宿泊療養施設として使われてきた、福島県福島市の「アパホテル福島駅前」について、福島県は7月21日に借り上げを終了することになりました。 「アパホテル福島駅前」は新型コロナウイルス感染者のうち軽症や無症状で医師に入院の必要がないと判断された患者の宿泊療養施設として、4月24日から県が借り上げていました。 借り上げ終了について県は、県内で感染拡大が抑えられていることや、医療提供体制が整備されてきたことなどを理由としています。 「アパホテル福島駅前」にはこれまで10人の患者があわせて133日間宿泊療養していて、県は7月21日までに、借り上げた200室すべてのリネンの交換や、全館の消毒を行う予定です。 一方、同じく借り上げている「東横インいわき駅前」は今後も宿泊療養施設として運用され、感染拡大が起こらないければ、9月いっぱいで契約を満了する見込みです。