Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】医師が勧める、慢性鼻炎に効く薬とは?

配信

Medical DOC

ときには生活に支障をきたすこともある鼻の悩み。市販薬で対応しようとしても、飲み薬や塗り薬など、さまざまなタイプがあって迷ってしまう。はたして、どのような鼻炎薬が有効なのだろう。耳鼻咽喉科を専門とする、なかじまクリニックの中島規幸院長にたずねてみた。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 中島 規幸先生(なかじまクリニック 院長) 昭和大学医学部卒業。獨協医科大学越谷病院耳鼻咽喉科入局、同局の助教も努める。その後、東埼玉総合病院耳鼻咽喉科医長に就任。2014年、埼玉県さいたま市になかじまクリニック開院。2017年には医療法人三優会なかじまクリニック設立。おもに首より上の領域を中心とした地域医療を提供し続けている。医学博士、日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医、日本アレルギー学会、耳鼻咽喉科臨床学会、日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会、ほか参加学会多数。

即効性があるのはスプレータイプ

編集部: 鼻炎の薬にはさまざまなタイプがありますが、どれを選んだらいいのでしょう? 中島先生: 鼻水やクシャミなどをすぐに止めたいなら、点鼻薬と呼ばれるスプレーのタイプがお勧めです。患部へ直に浸透しますからね。飲み薬は、消化してから効き目が現れるまで少し時間を要します。また、ジェルやクリーム状の塗り薬は、医薬部外品が多く、効果や持続性は検討していないのでわかりません。 編集部: ベタベタしている薬のほうが「持つ」ような気もしますが? 中島先生: 鼻には異物を除外する働きがあります。ジェルやクリーム状の塗り薬ですと、異物と勘違いされ、鼻水で洗いだされかねないのです。その点、薬理作用のある液体タイプは受容体に直接働くので即効性があります。 編集部: 薬が鼻の中にとどまっていなくてもいいのでしょうか? 中島先生: 鼻炎薬の主な目的は、ヒスタミン・ロイコトリエンなどの刺激物質の働きを抑えることです。ヒスタミンが作用する「穴」のようなところをふさいでくれるんですね。ですから、液体のほうが素早く浸透してブロックしてくれます。それに、クリームやジェルは、そういった受容体を邪魔する働きはありませんし、指で塗った範囲の外からのアレルゲンの付着を減らすだけです。 編集部: 点鼻薬は誰にでも効くのですか? 中島先生: そこが難しいところで、実は慢性鼻炎といっても、アレルギー性のものではない場合があるのです。市販の鼻炎薬は、主にアレルギー性の症状を対象としています。市販薬で効き目が感じられなかったら、専門の医院を受診してください。

【関連記事】