Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

知らないと損!? 貯金に差が出る銀行口座の選び方・使い方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

2020年3月3日にGMOあおぞらネット銀行が、「大学4年生・社会人1年生1000人の懐事情:マネーに関する調査2020 『貯蓄事情』と『銀行選び』」を発表しました。この調査からは、最近の貯蓄事情や銀行口座の活用動向がうかがえるのですが、本記事では特に後者の「銀行口座の活用」について、調査をもとに見ていきます。 また、この調査では「最近の銀行口座の使い方」だけではなく、「銀行口座を活用した貯金術」まで垣間見ることができるのです。みなさんの生活でも、お金が貯まりやすくなる銀行口座の使い方を参考にしてみてくださいね。

銀行口座の使い方に関する3つの調査結果

以下ではGMOあおぞらネット銀行の口座選びに関する調査結果をお伝えします。  (1) 5人に1人がネット銀行を利用している 大学4年生と社会人1年生の合計1000人に「どの銀行の口座を持っているか(複数回答形式)」と質問したところ、最も多かった回答がゆうちょ銀行で大学4年生62.0%、社会人1年生60.8%もの人が利用しているとの結果でした。 続いて利用者が多いのは順番に地方銀行、都市銀行となっており、それらの銀行を利用している理由として最も多かったのが「家族が利用しているから」で、半数以上がそう回答しています。 さらにこの調査で興味深いのは、ネット銀行の利用が大学4年生で18.6%、社会人1年生で20.2%を占め、5人に1人がネット銀行を使っているという結果が出ていることです。 ネット銀行には楽天銀行や、ソニー銀行、住信SBIネット銀行、そしてこの調査を行なったGMOあおぞらネット銀行などがありますが、ネット銀行を使っている理由として最も多く挙げられているのが「ネットバンキングを利用しやすいから」。そして「キャンペーンが充実しているから」、「取引手数料がお得だから」と続きます。 実際、時間や場所にしばられないネットバンキングで送金などを行うことに利便性の高さを感じる人は多く、各種手数料が無料化されているなどお得な面もあります。こうしたサービス面や手数料面でメリットのあるネット銀行は、「節約」や「貯金」という観点から今後も利用され続ける可能性は高いと考えられます。  (2) 銀行口座を使い分けている人は貯蓄が多い 銀行口座を使い分けるという貯蓄術は広く知られていますが、実際、この調査でも口座を使い分けている人たちは貯金額が高い傾向にあるという結果が見られました。 具体的には、銀行口座の使い分けをしている人(480人)と、銀行口座の使い分けをしていない人(520人)で貯金額を比較したところ、前者の方が後者よりも30%以上も貯金額が多いことが分かったのです。  (3) 口座維持手数料について 「今後、銀行に口座維持手数料が導入される可能性があることを知っているか」という質問に、「知っている」と答えた人は半数近く。また「今後、口座維持手数料が導入されるとその銀行口座の利用をやめるか」には、半数以上が「やめると思う」と回答しています。 このように、口座維持手数料は銀行口座を使う上での懸念材料となっているようです。

【関連記事】

最終更新:
LIMO