Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

盗塁阻止時における捕手の送球コントロールを分析 鷹甲斐、中日加藤、巨人小林は?

配信

Full-Count

ポップタイムに大きな差がない甲斐と森には制球面で違いが

 ここからは捕手ごとの比較を行っていく。まずはソフトバンクの甲斐、そして昨季のパ・リーグMVPである西武の森友哉の数字を見ていく。  コントロールを見る前にスピードについて確認しておきたい。昨季の二塁送球平均ポップタイムはNPB平均が1.96秒。これに対し甲斐は平均1.88秒、森は1.92秒を記録している。甲斐の値はさすがだが、森もポップタイムに関しては十分なものがある。  さてコントロールだ。イラストはさきほどのものと同様の基準を使い、それぞれのコースにどれだけの割合で送球が行われたかを示したものだ。さきほどのイラストは盗塁阻止率だったが、今回は送球の割合を示している。

 まずそれぞれの高め2つの行に注目したい。甲斐は頭より上のコースはいずれも送球割合が2.0%以下に抑えられている。これに対し、森は5%前後のコースが多い。甲斐に比べると、森の送球は高めに浮くことが多いようだ。またベース周辺への送球割合も低い。森は送球スピードには秀でているものの、制球にまだまだ課題を残しているようだ。  甲斐は送球が胸より上にいかないことを、城島健司氏が称賛する報道も以前にあった。昨季のデータから見ても、甲斐の低めに集める能力の高さがうかがえる。ワンバウンドやショートバウンドの割合は森よりやや高いが、これはとにかく高くならないよう、低く投げることを意識しているからかもしれない。

“甲斐キャノン”以上!? 球界最速“加藤バズーカ”VSポップタイムは平均的もコントロール抜群の小林

 次はセの代表的な2人の捕手を比較する。まずは中日の加藤匠馬だ。昨季は自己最多の92試合に出場。その強肩は“加藤バズーカ”と呼ばれ、セ・リーグ走者の盗塁を度々防いだ。昨季の平均ポップタイムは1.88秒。これは甲斐を上回り、12球団の主要捕手で最速の値だ。  加藤と比較するのは、守備型捕手の代表格と言える巨人の小林誠司。2016年から4年連続で盗塁阻止率リーグトップだが、意外にも昨季の平均ポップタイムは1.94秒と平凡だ。実はこれは昨季に限ったことではなく、小林は以前からポップタイムで見るとそれほど優れているわけではない。彼ら2捕手のコントロールを比較したのが次のイラストだ。

【関連記事】