Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

安斉かれん、セルフ・プロデュースの新曲「GAL-TRAP」が日本テレビ系「スッキリ」テーマ・ソングに決定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 安斉かれんの新曲「GAL-TRAP(ギャル・トラップ)」が、日本テレビ系「スッキリ」の9月テーマ・ソングに決定、9月1日(火)に初オンエア。あわせて、同楽曲は、9月16日(水)にサブスクリプション音楽配信ストリーミングサービス限定でリリースされます。  「トラップ」というワードには、ギャルが仕掛ける“罠”という意味と、安斉自身が大好きだと公言してきたヒップホップの人気ジャンル“TRAP”という2つの意味が込められています。  一見すると底抜けに明るく見えるルックスや話し方こそが、自分の弱さ(夜も眠れなくなるような将来への不安などの堂々巡り)を覆い隠すために、ギャルが自身に仕掛けたトラップであり、同時に、自身の不安を無闇に他人にぶつけない「強さ」「余裕」「優しさ」を持っていることを、表現したかったとのこと。  また、今作は、ディプロなどのリミックスなどを手掛けるRadical Hardcore Cliqueをトラックメイカーに迎え、自身も、作詞・作曲だけでなく、サウンド・プロデュースも手掛け、都内のスタジオに篭り、1日でコーライティング(共作)。本人の「ため息」「口笛」「ハミング」「ネイルをこする音」などをサンプリングしたトラックにも、その個性が光ります。  なお今作は、日本テレビ系「スッキリ」9月テーマ・ソングだけではなく、日本テレビ系「バゲット」9月エンディング・テーマと日本テレビ系「ウチのガヤがすみません!」9月エンディング・テーマにも決定しています。さらに、「スッキリ」と「ウチのガヤがすみません!」では、巨大なテディベアが非常に印象的なミュージック・ビデオの一部もオンエアされます。 [コメント] 誰かに話を聞いて欲しいわけでもない。 空気も読むし、周りも見えてる・・・ でも、メイクを落としたら、心に何かが滲んでくる 悲しい、辛いとも違う・・・名前のないこの感情。 それを表す言葉が見当たらないから、音楽にした。 だから、歌詞自体は曖昧。 言葉にできない想いは、トラックに詰め込んだ。 気を紛らわすために、口笛を吹く。 落ち着くから、爪をいじっちゃう。 沈黙が怖くて、口遊むように溜息を吐く。 何に悩んでるのか?が、分からない夜に、 「それなー」って寄り添えるだけで十分。 答えなんて出ないし、そもそも、出そうとも思ってない。 だって、それでも、朝が来たら、また、メイクをして、 この世界に、飛び出していくはずだから・・・ ――安斉かれん

【関連記事】