Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フランキー・バネリ、医療費の支援に感謝「君らは治療続行と延命の助けとなっている」

配信

BARKS

膵臓がんを患うフランキー・バネリ(クワイエット・ライオット)が、彼の医療費を支援するキャンペーンに協力してくれているファンたちに感謝した。 ◆フランキー・バネリのメッセージ バネリは昨年秋、ステージ4のがんであることを公表。先月終わり、友人たちが「フランキーは、病を診断されて以降打ち負かしてやるとの決意のもと、これまでに17回の化学療法と症状を和らげるための処置を受けてきた。そのおかげで、1年を乗り切り、バンドとプレイすることさえできた」「こうした努力には多大な医療費を伴うが、このパンデミックのせいでツアーが全て中止や延期されてしまい、彼は経済的な打撃を受けている」と、クラウドファンディング・サイトGoFundMeで、医療費をまかなうための募金活動を始めた。 バネリは先週終わり、「僕のヘルスGOFUNDMEに協力してくれているみんなに感謝したい」とのメッセージをFacebookに投稿した。「君らは、僕のがん治療の継続と延命を助けてくれているんだ。心の底から感謝している!」 化学療法により髪の毛が抜け、この6週間のうち3週間入院しているが、「いつものごとく、ポジティブであり続けている」という。「僕が善戦していられるのは、君らみんなのおかげでもある!」と綴った。 GoFundMeのキャンペーンは当初、1万5,000ドル(約160万円)を目標としていたが、すぐに達成し、現在は3万5,000ドル(約380万円)を目指し3万4,000ドル(約360万円)近くまで寄付金が集まっている。 Ako Suzuki

【関連記事】

最終更新:
BARKS