Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<明日海りお>宝塚退団後の初挑戦は“孤独との闘い” 「余計な邪念は捨てて挑んだ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
毎日キレイ

 元宝塚トップスターで女優の明日海りおさんが、主人公の声を担当したディズニーの実写映画「ムーラン」(ニキ・カーロ監督)が、現在、動画配信サービス「ディズニープラス」で配信中だ。2019年11月の宝塚退団後初めての仕事で、声優に初挑戦した明日海さんに話を聞いた。 【写真特集】明日海りお、美スタイル際立つタイトなロングワンピ 美しい全身も

 ◇初挑戦のアフレコ 痛感したことは…

 今作は、1998年公開のディズニーの劇場版アニメーション「ムーラン」の実写化で、愛する家族を守るために自分を男性と偽って戦地に赴いたムーラン(リウ・イーフェイさん)が、“本当の自分”と“偽りの自分”の間で葛藤しながら、一人の人間として成長する姿が描かれる。

 幼い頃からディズニー作品はアニメーションも実写も「欠かさず見てきた」という明日海さんは、「大好きな世界の作品のオーディションのお話をいただいて、うれしさもありましたが、びっくりしました」と振り返る。オーディションでは緊張したそうだが、見事、ムーラン役を勝ち取った。

 2003年に宝塚歌劇団に入り月組に配属され、2013年には花組へ移り、以来、2019年11月に退団するまで、5年半にわたって男役トップを務めてきた明日海さん。宝塚の舞台では、「その日の客席の雰囲気やノリ、その日の共演者たちやチームの舞台上の空気みたいなものを動かしていた」といい、目の前の観客から伝わる熱も演じる上で励みになった。

 一方、今回の「ムーラン」のアフレコでは、観客はもちろんいなく、録音ブースの中ではたった一人だ。その雰囲気に「なかなか慣れなかったです」と明かしつつ、「一枚壁の向こうにはスタッフさんがいらっしゃいますが、本当に孤独で、とても集中力がいりました。監督のアドバイスを逃さずキャッチして、すべて吸収して、余計な邪念は捨てて挑みました」と収録を振り返る。

 また、ムーランが水の入った桶を持って岩山を登るシーンで、最初に出した声が「桶がとても軽そう」に聞こえてしまった。日本版の監督から「すごく重い岩を持って、登っていったらどんな顔になる?」などとアドバイスを受けながら、「監督とセッションをするような感じ」で演じていったという。「舞台のように動けない分、余計に一つ一つの動きや、空間の匂いやその場の雰囲気、そういう想像力が、(声優には)必要なんだと痛感しました」と収穫を語る。

【関連記事】