Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新庄剛志、大家友和、斎藤隆…「メジャーで通用しない」を覆した選手たち

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 メジャー・リーグには数多くの日本人選手が挑戦してきた。野茂英雄が道を切り拓き、イチローが伝説となり、佐々木主浩、松井秀喜、黒田博樹、上原浩治も一流と呼ばれる成績を残した。NPBで活躍した選手がメジャーで成功するとは限らず、不本意な結果で終わった選手のほうが多い厳しい世界だ。一方で、「メジャーで通用しない」という評判を覆し、海の向こうで光り輝いた日本人選手も。以下の選手たちはその代表格だ。 ※青木宣親の通算成績は昨年までの数字 野村克也が語る「新庄剛志」

・新庄剛志 NPB通算成績 1411試合出場 打率.254、205本塁打、716打点、73盗塁 MLB通算成績  303試合出場 打率.245、20本塁打、100打点、9盗塁  阪神のスター選手として活躍し、2000年オフにFA宣言した際は阪神残留か、国内他球団への移籍で注目されたが、メッツへの入団を表明。まさかのメジャー挑戦で世間を驚かせた。懐疑的な見方が多かったが、勝負強い打撃で01年のシーズン終盤に四番を任され、外野の守備でも12補殺と攻守に活躍。02年にジャイアンツに移籍すると、日本人初のワールド・シリーズ出場を果たした。日本ハムで日本球界復帰後も「札幌ドームを満員にする」「チームを日本一にする」という目標を掲げて有言実行した。

・大家友和 NPB通算成績  63試合登板 8勝17敗、防御率5.23 MLB通算成績 202試合登板 51勝68敗1ホールド、防御率4.26  MLBでNPBの実績を大きく上回る成績を残したのが大家だ。1994年ドラフト3位で横浜(現DeNA)に入団し、在籍5年間で1勝のみ。かねてからメジャー挑戦を熱望しており、球団の了承を得て98年オフに自由契約で退団した。レッドソックスとマイナー契約を結ぶと、先発で勝ち星を挙げるなど3年間で6勝をマークし、01年途中にエクスポズ(現ナショナルズ)へ。02年にチーム最多の13勝、03年も2年連続2ケタ勝利の10勝を挙げ、05年途中にブリュワーズへ移籍して計11勝と先発の軸として活躍した。

【関連記事】