Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ポッドキャスト配信をお安くはじめるのに必要なもの

配信

ギズモード・ジャパン

ポッドキャスト配信をいつかやってみたいなぁ、と思っていた方。絶好のタイミングが到来しましたよ! 【全画像をみる】ポッドキャスト配信をお安くはじめるのに必要なもの ずっと家にいて、時間を持て余してるでしょ? あなたと同じように、みんなも家で退屈しているから、リスナーにも事欠かないでしょう。なんでもコストが気になる昨今、使うものは廉価である必要があるし、隔離政策なんかで室内ですべてを完結しなくてはならない制限もあったりします。 でも始める前に一つ、誤解ないように言っておきたいのですが、良質なポッドキャスト番組を作り込むのは多分、みなさんが想像するよりは大変です。だって普通は、高い技術を備えた人たちが、結構な時間や労力を割いて、ネタを良質なエピソードにしていくものですからね? そもそも、聞く価値のある、人を引き付けるネタを考えつくことが大前提です。 いやいや失礼な、自分にはみんなのためになるような良いネタがもうあるんだよ、という方、あるいは自己満足で自分を楽しませるだめだけの純粋なセルフエンターテインメントとして、この空いた時間にポッドキャスト配信をやってみたいんだ、という方。そんな方には必要なこと、すべてここで伝授しましょう。それもなるべく、お金のかからない方法で。(もちろん、大掛かりにやろうとすれば、コストもそれだけかかるんですけどね)。 ここでは、良いポッドキャストのネタを考え付くにはどうしたら良いのだとか、筋書きはどうしたらいいのかなどといった、細かいことは扱いません。もっと簡単なこと、つまりハードウェアやソフトウェア面についてお伝えします。また、記事本文でいくつか価格について触れていますが、オンライン店舗の性質上、あなたがその商品をクリックしたときには当然、価格が変わっていることもありますので、その点はご了承ください(たとえ値段が変わってしまったとしても、本記事は基本的な指南記事としてご活用いただけると思います)。

ハードウェアは、何が必要?

技術的には、必要なのはマイクだけです。だから、パソコンやスマホがあればポッドキャスト配信は始められます。音声が録音できるアプリケーションをどれか選び、そのアプリケーションの録音ボタンを押して、そのデバイスに向かって語りかければもう、ポッドキャスト配信に必要な作業は半分終わったようなものです。もちろん、ハードウェアや機器をいろいろ増設すれば、最終的に配信する音源の品質をぐんと高めることができます。 たとえばポッドキャスト配信専用のマイクを使えば、それが手頃な値段のものだったとしても、使わないより音質は随分クリアになります。こうした専用マイクなら、微妙な音の違いも拾いますし、なにより、周囲のノイズをカットしてくれます。これはパソコンやスマホの内蔵マイクでは太刀打ちできないことです。また、録音中に便利な、ミュートボタンのような機能もついています。 業界で人気かつ評判も高いものといえば、Blue microphones(ブルーマイクロホンズ)のマイクでしょう。たとえば、130ドル(約1万4000円)のYeti(イエティ)や、100ドル(約1万800円)のYeti Nano(イエティナノ)。空いているUSBポートに直接プスッと差し込んで使えるもので、なかなかの音質が得られます。 あとは、録音した音源をミキシングする必要がある場合には、ミックスコントロール機能が搭載されている150ドル(約1万6000円)のAudio-Technica AT2020USB+(オーディオテクニカAT2020USB+)がおすすめ。これも、値段だけの価値がある逸品です。 こうしたマイクは探しだしたらキリがないのですが、100ドルを下回るようなものには、ちょっと用心した方が良いです。期待するような音質は得られない可能性があるからです。(ポチッとする前に、必ずいろいろなレビューを読んでくださいね)。 マイクの種類でいうと、コンデンサー型とダイナミック型のどちらも目にすることがあるでしょう。この2つ、何が違うのでしょうか? 答えは、使用される技術です。コンデンサー型は、マイク感度が高く音質が良いのですが、得てしてノイズも拾いやすい。だから、このタイプを使って最高の音質を得るためには、かなり静かな環境で録音する必要があります。さらには、音を拾う範囲(指向性)に関して言うと、自宅からポッドキャスト配信する場合は、無指向性(全指向性)のマイクよりも、単一指向性のもののほうが良いです。これは、音を拾う範囲を一つの方向だけに絞ったものです。 音質にもっとこだわりたい? それなら、ポップガードをどうぞ。 たとえばこちらの20ドル(約2100円)のDragonPad USA(ドラゴンパッドUSA)のものとか。これは、収録時に、どうしても入ってしまう「ボフッ」っという息の音を軽減してくれるものです。あとは録音音源の品質チェックに、ヘッドホンも欠かせません。これもピンキリなんですが、この機会に手頃なものに新調するなら、80ドル(約8600円)のCowin E7 Pro(コウィンE7プロ)や70ドル(約7500円)のAudio-Technica ATH-M30x(オーディオテクニカATH-M30x)がおすすめです。 レコーディングする場所は、オフィスでも、納戸スペースみたいなところでもいいんですが、できれば防音の場所にしたいところ。これは、周囲の音をあえて入れたい場合は別ですけどね。壁やドアに貼れる吸音パネル(12パネルで20ドル(約2100円))や、録音専用のアイソレーションシールド(44ドル(約4700円))があれば、割と安く、この環境が手に入ります。とはいえ、まずはマイクにお金をかけてください。その上で、レコーディング場所の吸音性を高める必要があると感じた場合はぜひどうぞ。あ、こうした吸音材を使うにしても、レコーディングはできる限り周囲の音が少ない場所で行なってくださいね。

【関連記事】