Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

横浜市のアーティスト育成支援プログラム「アーツコミッション・ヨコハマ」の20年度交付対象が決定。6アーティスト5プロジェクトを選定

配信

美術手帖

 文化芸術創造都市の推進に取り組む横浜市と、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が協働して進めるアーティストの育成支援プログラム「アーツコミッション・ヨコハマ」。毎年開催されている同プログラムの2020年度の交付対象として、6名のアーティストと5つの交付対象事業が決定した。  同プログラムは、アーティストを対象とする「U39 アーティスト・フェローシップ助成 」と、アーティストやクリエイターによる社会包摂活動を対象とした「クリエイティブ・インクルージョン活動助成」の2つで構成。それぞれの交付総額は前者が500万円、後者が350万円となっている。  今年度の「U39 アーティスト・フェローシップ助成 」には、荒木悠、市原佐都子、高山玲子、中村大地、ハラサオリ、本間メイの6人が選定された。  「クリエイティブ・インクルージョン活動助成」に選定されたのは以下の5つの事業。昨年からの継続採択が渡辺篤の「同じ月を見た日(アイムヒア プロジェクト)」と竹本真紀の「寿町で子どもたちと山車まつりをしたいっ 2020」の2つ。そして新規採択プロジェクトは、加藤道行の高齢者パーソナルプログラム「おうち劇場」、特定非営利活動法人心魂プロジェクトの「病児者・障がい児者・ご家族・関係者へのオンライン・パフォーマンスデリバリー」、LITTLE ARTISTS LEAGUEの「双方向性コミュニケーションアートで多文化の心をつなぐ『やさしさの花』アートリレー」の3つとなった。  横浜市はこの支援プログラムの目的について、「横浜から新たな人材が育ち、また先駆的な活動が生まれることで、横浜の魅力が世界へ発信されることを目指す」としている。

【関連記事】