Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

毎年20万人を超える人が訪れる「正倉院展」 今年は新型コロナウイルスの感染防止のため予約制で開催

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
読売テレビ

読売テレビ

 毎年20万人を超える人が訪れる「正倉院展」が、今年は新型コロナウイルスの感染防止のため、予約制で開催されることが発表された。  毎年秋に奈良国立博物館で開かれる「正倉院展」は、例年20万人を超える人が訪れていて、今年も光明皇后が東大寺の大仏に「薬」として献上した「ゾウの化石」や、「馬鞍」といった武具など59件が公開されることが決まった。  ただ、今年は新型コロナウイルスの感染防止対策のため、入館者数の制限が行われることになり、入館に日時指定の前売り券が必要となることも発表された。  第72回正倉院展は10月24日からで、前売り券の販売は今月26日から始まる。

【関連記事】