Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

代金払ったのに納車されない,返金にも応じず…「事故車」と告げずに売りつける中古販売業者の手口

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東海テレビ

 岐阜市の中古車販売会社で、購入した客から「代金を支払ったのに納車されない」「実は事故車だった」など、詐欺的な被害を訴える声が多数あがっていることがわかりました。 【画像で見る】代金払ったのに納車されない,返金にも応じず…「事故車」と告げずに売りつける中古販売業者の手口

■代金支払ったのに納車されない…子供が生まれたのをきっかけにワンボックスカーを購入した男性

「子供ができまして、大きい車、ワンボックスの車が乗り降りとか、子供も長距離が楽だねと話しをしていまして、じゃあ1回探そうかと」。こう話すのは、名古屋市港区にすむ36歳の会社員の男性。 長男が3歳になり、ファミリーカーへの買い替えを検討していました。 会社員の男性: 「(中古車店が)『大変コンディションが良好。不都合箇所などはございません。ご安心ください』と書いてあったりとか、ナビを付けてもうちょっと…と言ったら、じゃあナビを付けて270万円にするよと」

 購入を決めたのは、平成31年式で走行距離が3000キロの黒のワンボックスカー。2020年2月に契約し、およそ270万円を支払い、納車を心待ちにしていましたが…。

男性: 「もう4月に入ってからだったんですが、『どうなっていますか』と確認したら、やはり『遅れるから納車できません』という返答がありまして、二転三転して4月の中旬に納車できるよという話がありまして、喜んで店に電車で向かっている最中に電話があって『エラーランプがついたから、今日は納車できない』と」

 男性は納車前の不具合を不審に思い、陸運局で車の所有履歴を調べたところ、わかったのは驚きの事実でした。

■車は九州豪雨で「水没した車」…返金求めるも業者は応じず

男性: 「去年の登録の車だったんですが、初年度の登録の方と連絡をとることができて確認しましたら、『昨年の九州の豪雨の際、水没した車だったんだよ』と」

 2019年7月の九州豪雨は、記録的な大雨により甚大な被害をもたらしました。

その時に撮影された1台のワンボックスカーの写真、車の中も足元まで浸水していました。名古屋の男性が購入した車です。

男性は弁護士を通じて、購入をやめると通告し、契約時に支払ったおよそ270万円を直ちに返すよう何度も求めてきました。しかし、業者は返金に応じていません。  事故車であることを隠して、売りつけようとしたのか。今回の車を扱った岐阜市内にある中古車販売会社を訪ねましたが、会社のシャッターは閉められたまま。

【関連記事】