Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ペドロデビューも渦中のジェコは最後まで出番なし…新生ローマは微妙なドロースタート…《セリエA》

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

2020-21シーズンのセリエA開幕節、ヴェローナvsローマが19日に行われ、0-0のドローに終わった。 【動画】ローマ一筋25年!トッティの偉大なキャリアを振り返る 昨シーズン、9位のヴェローナと5位のローマによるセリエA開幕節。 アメリカ『フリードキン・グループ』へのクラブ買収が決定し、フォンセカ体制2年目で心機一転を図るローマ。今夏ここまでのメルカートではコラロフ、スモーリング、フロレンツィがチームを離れた一方、ペドロ、クンブラと2人の新戦力を迎え入れた。 注目の開幕戦のスタメンではGKにパウ・ロペスではなくベテランのミランテが起用されたほか、不足の3バックの中央にクリスタンテ、右のウイングバックにカルスドルプ、前線はユベントス行きが有力視されるジェコに代わってムヒタリアンが最前線起用となり、新カピターノ候補のペッレグリーニ、ローマデビューのペドロが2シャドーを担った。 共に[3-4-2-1]の布陣を採用した中、序盤からアウェイのローマが圧倒的にボールを握る展開に。開始9分にはヴェレトゥの仕掛けからあわやPK奪取という惜しい場面を作ると、その後は左サイドで果敢な仕掛けを見せるスピナッツォーラが違いを生み、25分にムヒタリアン、34分にペドロとゴール前至近距離での決定機を演出も、いずれのシュートも枠の左に外れる。 前半終盤にかけても流動的な3トップの細かなダイレクトプレーから相手ゴールに迫るが、39分に完璧に裏へ抜け出したムヒタリアンの決定機は相手GKの好守に阻まれる。逆に45分にはボックス手前のタメゼに決定的なシュートを許すが、ここはGKミランテが何とか触ると、ボールがクロスバーを叩き事なきを得た。 後半もローマペースで試合が進むかに思われたが、序盤からペースを掴んだのはホームのヴェローナ。前線から連動したプレスでローマのビルドアップをけん制すると、要所で効果的なショートカウンターを仕掛けていく。ただ、前半同様にフィニッシュの質を欠き、先制点を奪うまでには至らない。 一方、後半に入って攻撃の糸口を掴めなくなったローマは、中盤職が強い3トップが焦れて低い位置まで下りる場面が目立ち、なかなか攻撃に深さ、奥行きを作り出せない。74分にはボックス手前左でボールを持ったヴェレトゥからの丁寧な横パスを受けたペッレグリーニが右足のミドルシュートを枠の右隅に飛ばすが、これはGKシルベストリの好守に阻まれ、後半最初の決定機を先制点に結び付けられない。 その後もこう着状態が続く中、ゴールをこじ開けたいローマには局面を打開できる切り札がベンチに残されていたが、昨季チーム得点王にしてカピターノの背番号9には一向に声がかからず、代わってクライファート、ビジャールがピッチに送り出される。 82分にはディ・マルコの左足のミドルシュートが右ポストを叩き再び冷や汗をかかされたローマは、85分に絶好機が訪れるが、スピナッツォーラのミドルシュートもクロスバーを叩く。 そして、最後まで攻撃の停滞感が顕著な中で試合はゴールレスのままタイムアップ。新オーナーのフリードキン親子がスタンド観戦した中、華々しいスタートを飾りたかったローマだったが、微妙な形での新たな船出となった。

超WORLDサッカー!

【関連記事】