Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「俺が死んだら家を…」「は!?」長男が激怒した69歳父の提案

配信

幻冬舎ゴールドオンライン

本記事は、税理士である関博氏の書籍『家族のトラブルをゼロにする 生前の相続対策』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再構成したものです。最新の税制・法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。 【亀山一族の相関図】

長男激怒「お義父さん、お義姉さんに実家あげるって」

〈主な登場人物の紹介〉 亀山源太郎(69歳)・・・亀山家の主。一部上場の食品メーカーを退職後、悠々自適の日々を送っている。最近、健康診断で脳に血栓が見つかり、医師からは経過観察が必要と告げられたことから相続について考えることが多くなった。 亀山美千子(65歳)・・・源太郎の妻で、専業主婦。夫の検診結果から将来について不安を抱えるようになる。 亀山一美(42歳)・・・亀山家の長女。六年前に離婚、一人娘とともに実家に帰ってきた。両親と同居しながら住まいを改装してネイルサロンを営んでいる。 亀山一太郎(40歳)・・・亀山家の長男。地元の信用金庫に勤めるサラリーマン。実家の近くの社宅で妻の昌子と息子と暮らす。長男としての責任感が強い。 亀山次夫(37歳)・・・亀山家の次男。イベント運営会社代表取締役。五年前に脱サラして事業を始める。婚活パーティや街コンなどが当初はうまく当たったが、その後は赤字に転落し資金繰りに困っている。 亀山彩華(32歳)・・・次夫の妻。イベント運営会社で夫と一緒に働いており、やり繰りに苦労している。息子の将来への教育資金が不安。姑である美千子とはあまりうまくいっていない。 由井満(58歳)・・・Y相続センター所長の税理士・公認会計士。これまで800件以上の相続申告を手がけてきた。専門家として亀山家の相続対策をサポートすることに。 ◆相続人によって矛盾する義務と権利 次夫と彩華が一太郎の社宅にやって来たのは土曜日の午後だった。相続のことで話がしたいと電話してきた時には、他の相談事にかこつけた事業資金のおねだりかと思ったが、そうでもないらしい。一緒にやってきた奥村という税理士は企業税務では有名な事務所のスタッフだった。 「親父が相続対策を考え始めているって知ってたか?」次夫に訊ねられて一太郎は驚いた。「いや、初耳だ」 「ひどいんですよ。お義父さんは一美さん一人に実家を相続させるつもりみたいで」次夫の横に座る彩華が顔をしかめた。 「何だって?」思わず一太郎は気色ばんだ。家は長男である自分が継ぐのだと思ってきた。かつて大学を卒業する際には大手都市銀行からも内定をもらっていたが、それを蹴って地元の信用金庫を選んだのは、いずれ両親の世話をする身だという責任感があったからだ。 それなのに…。 一美は学生時代、米国に語学留学したことがある。もともと私立大学に通っており、学費を比べても一太郎や次夫の数倍は親に負担をかけている。さらにネイルサロンを始めるにあたっては親父が改装費用を出したと聞いた。 一緒に暮らして両親の面倒を見ているというが、光熱費すら出していないらしい。手伝いならむしろうちの昌子の方が足繁く通って重労働の庭仕事などを手伝っている。 「どう考えても亀山家唯一の財産であろう実家を姉が一人で相続するなんて理不尽だ」 一太郎が愚痴ると彩華が同情してくれた。「ひどいですよね。でも私と次夫さんはお義兄さんに家を継いで欲しいと思っているんです」「しかし親父の財産はあの家が大半だろう」 さすがに金融関係で働いているだけあって、一太郎には相続の難しさがなんとなく理解できた。「俺がある程度金を持っていれば、それを渡して姉貴に納得してもらえるだろうが、そんな資金は持ってない」 「でしたら、私にいい案があります」奥村が口を開いた。「ご実家の一次相続についてはやはり配偶者の非課税枠が利用できる、お母様が相続するものとします」 「ぼくもそれが妥当だと思うよ」一太郎もうなずく。 「問題はその先です。二次相続の際には、一太郎さんが相続して、お庭に2階建ての賃貸住宅を建てるのです。1階には一美さんの居住スペースとサロンを設け、2階には賃貸用の部屋を2戸設けます。亀山家は90坪もあって、庭が広めですから十分可能です。場所や広さを考えれば、賃貸1戸あたり家賃7万円くらいは見込めるでしょう。1年間で84万円、20年で1680万円ずつの家賃収入が得られます。それを一美さんと次夫さんが受け取るようにすれば、兄弟みなさんが納得できますよね。この場合、一美さんを同居親族から外しておく必要があります」 「うちもそれなら文句ありません」彩華が賛成する。「一太郎さんは信用金庫にお勤めですから、土地を担保にすれば、アパートを建てる資金を借り入れることができるはずです」「なるほど、それはいいな!」「それで兄貴。うちは生前贈与が欲しいんだけど…」「任せとけ」次夫の言葉に一太郎は力強くうなずいた。

【関連記事】