Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石田ニコル「素のニコルが好きだよ」転機になった友人の言葉「変わることができた」インタビュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

 「白鳥麗子でございます!」(講談社)などで知られる鈴木由美子の同名漫画で、講談社「Kiss」誌上で連載された人気原作を実写映画化した『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』が、7月31日(金)より公開。本作は主人公・杉山結子と彼女の女友だちの友情を描いた自伝的作品ではあるが、物語の舞台を原作のバブル時代から現代に置き換え、恋愛をはじめ、仕事、友情など山積みの問題とともに日常を生きねばならない現代アラサー女子たちのリアルを描いた物語が展開していく。涙と笑い、感動と共感のエピソードが満載で、あるあるとうなずく人もいるはずだ。  「MusicVoice」では、その主人公でアラサー女子・杉山結子役の文音に続いて、結子が出会うハーフの美人・澤野セツコ役の石田ニコルにもインタビューを実施した。ここ最近「王様のブランチ」や自身のYouTubeチャンネルなどで素の石田ニコルを観る機会も増えたが、今回の役柄も「素の部分、ありのままの部分を出していくことができる状態の撮影でした。たぶんそのままでいたほうが、セツコというキャラクターにとってもよかったと思うんです」と述懐する石田。女性応援ムービーである本作で、石田が込めたメッセージとは。知られざる想いを聞いた【取材・撮影=鴇田崇】

共感があった役柄・セツコ

――この原作は90年代に大人気を博したそうなのですが、ご存じでしたか?  知らなかったです。もともとが漫画ということで原作を見た時に、かなり内容に勢いがあってびっくりしました。今回の台本にも古い言葉が少しあったのですが、実はびっくりするくらい自分に近い要素もあったんです。実際の裏はこうなのに女の子として隠している部分があるとか、セツコという役柄に親近感を覚えましたし、面白いなあと思いました。 ――澤野セツコは、ご自身に近いキャラクターということで?  芋ジャージを着てコンビニには行かないですけど(笑)、でもわたしも上はメンズのTシャツ、下はヨガのウェアでコンビニには普通に行きます。仕事の時との差がすごく激しいので、セツコには共感しますね。「わかるわかる、こうなるよね!」って思いながら演じていました。 ――ご自身でもあるあるが多かったという。  そうですね(笑)。でも世の中、みんながみんな同じだと思っていました。だから、入りやすいところはあったとは思いますね。 ――演じるにあたっては、どのような準備をしたのですか?  役作りの一環と言いますか、ひとつのシーンを通しでやってみるとか、まずは自分の頭で考えてみました。セリフもきちんと押さえたうえで、自然な感じで鼻歌を入れてみたり、アドリブも多かったですね。いろいろと考えたのですが、そういうことを考えすぎないようにって考えていました(笑)。バランスが難しかったけれど、楽しかったです。たとえば普段、ビン底メガネをするほどではないのですが、性格や言動が自分に近い部分が多かったので、そうであればまず自分が楽しめていればいいだろうと思って、けっこう自由に演じていました。 ――本当の石田さんって、こういう感じかもって思う人もいるかも知れないくらいの熱演でしたね。  最近はテレビでも素を出し始めてはいますからね(笑)。あえて緊張しないようにしているんです。前までは人見知りな性格も出ていたし、緊張している部分も多かったのですが、一回くらい素でいってみようと思って、ありのままの自分でテレビに出たんです。友だちによく言われていたんですよね。素のままテレビ出てみればって。それ以来、素に近い状態のままみたいな感じになってしまいました(笑)。

【関連記事】