Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

浜辺美波が涙、中学時代の写真がなく後悔「もっと楽しんでおけばよかった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ENCOUNT

「思い、思われ、ふり、ふられ」の舞台あいさつに登壇、突然の涙で「素敵な青春っていいな」

 女優の浜辺美波が14日、自身が主演する映画「思い、思われ、ふり、ふられ」(三木孝浩監督)の初日舞台あいさつに登壇。浜辺は「無事に公開できるのかな、公開しても見ていただけるのかなと不安があったけどたくさんの方に見ていただけて本当に嬉しい。噛みしめています」とあいさつし、コーナーの1つで涙を流す一幕があった。 【ギャラリー】涙を見せる一幕もあったが…舞台挨拶では笑顔も見せた浜辺美波の別カット写真  咲坂伊緒の伝説的人気少女コミック「ストロボエッジ」「アオハライド」に次ぐ“青春三部作”最終章「思い、思われ、ふり、ふられ」が実写&アニメーションでW映画化。高校生の男女4人を描く青春ラブストーリーで、この日は浜辺とともに北村匠海、福本莉子、赤楚衛二も登壇した。  この日の舞台あいさつでは、「みんなの115万枚のフィルムキャンペーン」に寄せられた思い出の写真や動画を、同作のメガホンを取った三木孝浩監督が編集した特別動画も上映。動画を見た浜辺は「めっちゃ素敵だなと思って。わたし、中学校の写真がなくって。素敵なこんな青春っていいな、もっと楽しんでおけばよかったなと思った」と思わず涙をこぼした。  映画「思い、思われ、ふり、ふられ」は全国東宝系で大ヒット公開中となっている。

ENCOUNT編集部

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT