Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広河隆一氏の性暴力は「肩書を濫用し悪質」デイズ検証委員会が報告書

配信

BuzzFeed Japan

フォトジャーナリズム誌「DAYS JAPAN」の発行人だったフォトジャーナリストの広河隆一氏の性暴力やハラスメントなどについて、デイズジャパン社は12月27日、サイト上で113ページの「検証報告書」の全文を公表した。権力関係のもとでハラスメントがあったことを認定した。【BuzzFeed Japan/小林明子】 外部有識者で構成する「デイズジャパン検証委員会」が12月26日、検証報告書を同社に提出していた。 検証委員会は、元社員やアルバイト、フリーランス編集スタッフら計45人からヒアリングを実施。また広河氏本人にはのべ11回のヒアリングをしたという。 その結果、性交の強要やセクシュアルハラスメントについて、このように結論づけた。 「広河氏が行ったことは著名なフォトジャーナリストとしての肩書きを濫用し、女性たちから自身への尊敬の念に乗じ、権力性を背景に重ねた、悪質な代償型セクシュアルハラスメントであると判断する」

何があったのか

広河氏は2004年3月に「DAYS JAPAN」を創刊。フォトジャーナリストを目指してDAYS編集部などに出入りしていた女性に、立場を利用して性的関係を迫っていたと2018年12月、週刊文春などが報じた。長時間労働や残業代の未払い、罵声を浴びせるなどパワーハラスメントの証言も相次いだ。 広河氏は週刊文春の取材に、女性たちと性的関係をもったことは認めていた。雑誌『創』の2019年4月号に寄せた手記では、女性の同意があったと捉えていたと語っていた。 一方BuzzFeed Newsが、当時DAYS編集部に出入りしていた人たちに取材したところ、広河氏とスタッフとの間には圧倒的な上下関係があったという。 性暴力の被害に遭ってから10年以上、誰にも言えなかったという女性は、取材にこのように語った。 「広河さんのことを“神様“のような存在だと感じていました。見捨てられたらこの業界で生きていけないという危機感がありました」 また、大学生のときに性暴力被害に遭った別の女性は、こう話した。 「なぜ逃げ出したり声をあげたりしなかったのか、と言われるかもしれませんが、当時は広河さんを心から尊敬していたので、功績をつぶすようなことをしてはいけないと考えていました」 元スタッフの有志は2019年3月、当事者の目線で証言を集め、元スタッフの連帯を呼びかけるため、サイトを開設した。

【関連記事】