Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

グーグルの新型格安スマホ「Pixel 4a」が8月20日発売 ── 上位機「Pixel 4」との違いは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

グーグルは日本で4世代目のPixelシリーズスマホ「Pixel 4a」を発表 4万2900円(税込)という価格設定ながら、強力なカメラ機能が特徴 【全画像をみる】グーグルの新型格安スマホ「Pixel 4a」が8月20日発売 ── 上位機「Pixel 4」との違いは? 5G版や「Pixel 5」の登場をアナウンス。ユーザーに対して「購入時期」の調整を求めている グーグルは8月4日(日本時間)、新型スマートフォン「Pixel 4a」をグローバルで発表した。日本でも直販サイト「Google Store」とソフトバンクで取り扱われる。8月14日より予約開始、発売は8月20日が予定されている。 Pixel 4aは日本で発売される同シリーズとしては4世代目にあたり、2019年10月に発売された「Pixel 4」の廉価版にあたる。そのため、下記で解説するような一部の機能がPixel 4より劣るが、価格はPixel 4が8万9980円なのに対し、Pixel 4aは4万2900円に抑えられている(いずれも税込、直販価格)。

Pixel 4aとPixel 4はこんなに違う

Pixel 4aと4の差は主に性能、カメラ、独自操作機能の有無になる。以下、括弧内はPixel 4のスペック。 ハイミドルレンジ向けのチップセット「Snapdragon 730」搭載(4はハイエンド向けのSnapdragon 855搭載) ストレージは128GBのみ(4は64GB、128GBがある) カラーバリエーションはJust Blackのみ(4は3色展開) ボディのサイズは1種類(4には大型版の「Pixel 4 XL」も 用意) 画面サイズは5.81インチ(4は5.7インチ) 最大90Hzの画面描画速度を実現する「スムーズディスプレイ」に非対応(4は対応) 正面カメラが画面内に配置(4は正面上部に配置) 背面カメラがシングルレンズ(4は標準+望遠のデュアルレンズ) 画像処理チップの「Pixel Neural Core」非搭載(4は搭載) 防水に非対応(4はIPX8相当) ワイヤレス充電に非対応(4は急速ワイヤレス充電に対応) 端末をにぎってGoogleアシスタントを起動できる「Active Edge」に非対応(4は対応) タッチレス操作「Motion Sense」に非対応(4は対応) 周囲の光に合わせて画面輝度を調整する「アンビエントEQ」に非対応(4は対応) 一方で、メモリーは両機種ともに6GB、国内で非接触方式のキャッシュレス決済に対応する「おサイフケータイ」、グーグル独自のセキュリティーチップ「Titan M」搭載、最低3年間のOSアップデート、ネット経由で通信契約情報を書き込める「eSIM」に対応するなどの特徴は共通している。 また、4aは3140mAhのバッテリー、3.5mmのイヤホンジャックを搭載、生体認証を顔ではなく指紋を採用する(コロナ禍においてはマスク常用が続いているため指紋の方が便利)など、4より優れていると言えるポイントも存在する。

【関連記事】