Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

少女漫画があるから「頑張れる!」 久間田琳加がときめく“オススメ”3選

配信

オリコン

女性ファッション誌『Seventeen』専属モデルとして、同世代の女子から絶大な支持を受ける久間田琳加さん。圧倒的透明感と抜群のスタイルで新世代のアイコンとして活躍する彼女にとって、日々の癒やしになっているのが“少女漫画”。オススメの作品にグッときた男性キャラクター、好みのシチュエーションなどなど、少女漫画へのときめきは止まらない……! さらに今回は、気になるおうち時間の過ごし方も教えていただきました。 【画像】久間田琳加が愛してやまない少女漫画3選 ■障害ある恋愛が好き! 少女漫画は絵柄を重視 ――久間田さんが少女漫画にハマったきっかけを教えてください。 小学生の頃に毎月『ちゃお』(小学館)をすっごく楽しみにして読んでいたのがきっかけです。当時連載していた『きらりん☆レボリューション』(中原杏)が大好きで。そのあと恋愛モノを読むようになり、いろんな少女漫画の単行本を集めています。 ――好きなシチュエーションやテーマの傾向はありますか? 恋愛モノは漫画だけじゃなくドラマも映画も好きなんですけど、最近気付いたのが、「1回いい感じになったのに親に無理やり引き裂かれて、数年後に再会して結婚」っていうパターンがめっちゃ好きです(笑)。再会したときに思いが爆発するのが大好きなんですよ。 「あのとき俺はこんなに好きだった、こんなふうに思ってた!」「わたしもこんなにあなたのことが好きで!」って。実は両親が邪魔していて、それがなかったら2人の思いはつながっていたことがわかる瞬間がめちゃめちゃいいんですよ! ――(笑)。障害がある恋愛が好きなんですか? そうなんです! 「それも乗り越えられたから、わたしたちは結婚しても大丈夫!」というハッピーエンドが大好きです。 ――ハッピーエンドも大事ですね(笑)。好きな漫画家さんはいらっしゃいますか? 『あのコの、トリコ。』(小学館・フラワーコミックス)などを描いている白石ユキさん。絵がすごくかわいいんです! 少女漫画を選ぶときはイラスト重視派で、それによってどれだけ入り込めるかが変わってきます。なので、新しい漫画を読みたくなったら、たいていは本屋さんに行って、パッと絵が目に付いたものを買います。 もし試し読みがあったら読んで、いいなと思ったら一気に3冊くらい買っちゃいます。でも、最近、漫画アプリに手をつけてしまったんですよ。(自分の性格的に手をつけたら止まらなくなるから)絶対にやめておこうと思っていたのに、読み始めたらやっぱり収拾がつかなくなってしまいました……(笑)。

【関連記事】