Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「パートで家計を楽に!」の大誤算…働くために必要な出費が半端ない

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

家計を楽にするために働きに出る主婦は多いもの。妻が働くようになったおかげで生活に余裕ができた…という家庭も少なくありません。それがたとえパートでもアルバイトでも、大切な一家の収入源、頼もしいものです。 しかし、世の中には「妻が働きに出たせいで、家計が赤字になった」という家庭もあるのだとか。それはいったいどういうことなのか…?  ふたりの女性の「赤字エピソード」をご紹介しましょう。

保育園もすぐ決まり、職場復帰したけれど…

まずご紹介するのは、2歳と1歳の女の子のママ、Hさん。Hさんは下の子が1歳になったのを機に働きはじめました。 「産前に働いていた職場にパートとして復帰したんです。幸い保育園もすぐに決まって、万事順調だと思っていたのですが…」 しかし、いざ働きはじめると、思い通りにいかないことだらけ。一番のネックは「子供の体調」。通園しはじめて間もない子供たちはとにかく体調を崩しがち。Hさんの子供たちも、入園してから今まで、常に姉妹のどちらかが体調を崩している状態…といっても過言ではないのだとか。ひどいときには2~3日しか出勤できない月もあったそうです。 「欠勤や早退ばかりで、フルできちんと働いた月がいまだにありません。当然ですが、通園できなかった日が多いからといって保育料が減額されるわけもなく、毎月保育料で1万円程度の赤字が出ています」 一時期は病児保育を利用していた、というHさん。 「でも、病児保育は通園している保育園とは離れたところにしかないんです。姉妹別々のところに送迎するだけでも結構負担ですよね。それに、病児保育を利用すれば、そのぶん出費も多くなりますし、何より子供が不安がって私のそばから離れたくない、と泣くんです。子供にそんな思いをさせてまで働くべき? と考えちゃって、病児保育の利用は早々にあきらめました」 となると、やはり子供が体調不良のときは仕事を休まざるをえないHさん。赤字になるたび、「私は何をしているんだろう」と虚しい気持ちになってしまうそうです。 こんなことなら保育料が無償になる3歳まで働かずにいたほうがよかった…とHさんは嘆きます。 「かといって、今さら職場に『下の子が3歳になるまで待って』と言うわけにもいきません。いずれ子供も体力がついてくるはず、今だけの辛抱、と自分に言い聞かせてはいるのですが…私もしんどい思いをして、なおかつ赤字。正直心が折れそうです」

【関連記事】

最終更新:
LIMO