Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

矢柴俊博の「自粛明けに行きたい店」東京・高田馬場の甲州屋蕎麦店

配信

SmartFLASH

「特別な店」で、オトナの男に聞く、仕事と人生。本誌連載「名優たちの『寄港めし』」に登場した役者たちから、愛してやまない “いきつけ店” への応援メッセージが寄せられた!  今回は矢柴俊博、が通う、東京・高田馬場の「甲州屋蕎麦店」だ。 「甲州屋蕎麦店さんのテイクアウトが、最強にして最高。金目鯛にカツオにスミイカの刺身、ささみチーズにヒレカツに牡蠣のフライ、ありがとう。ともにがんばろー。  私は、『台本や台詞がなくても、誰かを楽しませられないものか』と、その昔かじったパントマイムで動画作ってみました」

 10年ほど前、蕎麦職人を演じたとき、先代に、蕎麦を打つ姿勢や岡持ちの持ち方を教わった。以来、家族ぐるみのつき合いに。矢柴のおすすめは、「ごぼうと蒸し鶏のサラダ」(写真中央、790円、税込み)。現在は11:00~14:30、17:30~20:00の短縮営業で、テイクアウトも好評。 やしばとしひろ 1971年生まれ 埼玉県出身 映画『癒しのこころみ~自分を好きになる方法~』が公開予定。動画はインスタグラム(@toshihiro_yashiba)で公開中 【SHOP DATA/甲州屋蕎麦店】 ・住所/東京都新宿区大久保3-13-1-105 ※営業時間などは緊急事態宣言下のものです (週刊FLASH 2020年6月2日号)

【関連記事】