Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新人職員が新型コロナ対応の避難所開設準備【岡山・倉敷市】

配信

OHK岡山放送

岡山放送

新型コロナの収束が見通せない中、避難所での感染拡大をどう防ぐかが課題です。西日本豪雨から2年を前に、被災地、倉敷市の新人職員が避難所をどう運営するか訓練で確認しました。 運営訓練に参加したのは倉敷市の職員41人です。 (報告 矢野匠記者) 「訓練は避難所の受付を設置するところから行われ、使う資材も自分たちで選ばなくてはなりません」 参加者は全員が新人で、避難所の開設は初めてです。 (受付) 「消毒お願いします」「(消毒液)出ません!」 訓練のポイントは、新型コロナの感染拡大をどう防ぐかです。 (参加者) 「(何してるんですか?)3mの仕切りを作ります」 避難する人同士の間隔を空けたり1人1人の検温を行ったりと、感染防止策を取りながら避難所を開設しました。 豪雨から間もなく2年、新人職員は避難者の受入と感染防止の両立に苦労しながら、市民を守る側の心構えを養いました。

岡山放送

【関連記事】