Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

資生堂初代女王、渋野日向子が「強く、美しく、輝いた」 雨中決戦制しツアー2勝目!

配信

ゴルフ情報ALBA.Net

今週は「資生堂 アネッサ レディス」が2回目の開催を迎えるはずだった。神奈川県の戸塚CCという首都圏開催で多くのファンを集める予定だった同大会は、昨年中盤戦の大きな話題となった。 シックに美しいドレス姿のシブコさん【19年大会フォト】 昨年大会は降りしきる雨の中、プレーオフに突入した。初日から雨にたたられたが、2日目以降は6000人を超す大ギャラリーが集まり、最終日も雨風強まる中でも8000人以上が会場に押し寄せた。そして、その戦いの主役を張ったのが、渋野日向子だった。 渋野はこの2カ月前に国内メジャーで初優勝。ニューヒロインとして注目を浴び始めており、前週の「アース・モンダミンカップ」上位の成績により、のちに衝撃の優勝を遂げる「全英AIG女子オープン」の出場権も獲得。波に乗る状態で臨んだ大会だ。 首位と5打差ながら1アンダーの21位タイとまずまずのスタートを切ると、2日目は「68」をマークし10位タイに浮上。3日目はさらにギアを上げて「66」で追い上げた。首位と2打差の2位に浮上し、最終日に突入した。 迎えた最終日は悪天候の難コンディション。渋野は4番でバーディが先行するも5番でボギー。後半に入っても10番、12番でボギーと崩れかけたが、13番でバーディを奪うバウンスバック。そして、あの名シーンが生まれる。 15番パー4は大会通して難易度1番目の難関ホール。渋野はセカンドをグリーン右奥のカラーに運ぶと、15メートルはあろうかというスネークラインを沈めてバーディ。笑顔で両手を突き上げると17番でもバーディを奪い、首位を走っていたイ・ミニョン(韓国)を捉えプレーオフに突入。1ホール目でパーをセーブし勝負を決めた。 この3週前の「宮里藍 サントリーレディス」ではプレー中に怒りをあらわにするなど、トレードマークの笑顔が消えていた。最大の強みを失いかけた渋野だったが、そんな不振を吹き飛ばしたのも、やはり笑顔。見事な逆転劇は周囲の笑顔をも誘うに十分だった。 同大会は「強く、美しく、輝くとき」のフレーズとともに発足した新大会。渋野は初代女王にふさわしい強さと美しさで輝きを放ち、全英へと飛び立った。 (撮影:米山聡明)<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】