Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

韻を踏まない? KICK THE CAN CREW・LITTLE、愛韻家がみるラップの昨今:インタビュー

配信

MusicVoice

 KICK THE CAN CREWのLITTLEが3月1日、デジタル配信シングル「八王子少年~春よ、来い~feat.RYOJI」を自身主宰の新レーベル「JIMOTO RECORDS」からリリース。松任谷由実の「春よ、来い」をカバーアレンジし、フィーチャリングにケツメイシのRYOJIが参加。2019年に亡くなった父への想いを込めて作り上げ、今までとは趣の異なった1曲に仕上がった。インタビューでは今作の制作背景に迫るとともに、愛韻家協会を立ち上げ、ラッパーではなくライマーへと肩書きを変えたLITTLEに話を聞いた。【取材・撮影=村上順一】

「春よ、来い」でラップをしたいというところから始まった

――お父さんが亡くなって、この曲を制作されたとのことですね。  この曲を作っている時に父親が亡くなって、楽曲の方向性がガラッと変わったんです。 ――最初はどのようなコンセプトで書こうと思われていたのでしょうか。  もともとは「春よ、来い」でラップをしたいというところから始まりました。去年の春に着手していて、2020年の春に向けて今の気持ちを書こうと歌詞を考えていて。歌をどうするのかというのも、その時はまだ決まっていなかったと思います。 ――どのようなところを意識して歌詞を書かれたのでしょうか。  まず、歌詞として成り立つようにと、自分の感情に誤解のないように伝えたいというのがありました。そこが作っている時から気にしていた部分で、父親に向けて<歌にするよ そっち届いてたらいいな >と歌詞で言っていますけど、実際届いたらどう思うかなとか。具体的にいうと僕が父に話す時の話し方のニュアンスなども思い出しながら書いていきました。 ――リアルな部分ですね。  歌詞というよりは手紙の要素が強いのかもしれません。エピソードを羅列するようなラップというのもあるんですけど、今回は僕の想いを綴った部分が大きいです。 ――両親に感謝する歌詞は今まで敬遠してきたとのことですが、なぜ両親に感謝するラップが世の中には多いのかと改めて疑問に思いました。  コミュニティを大事にしているので、無意識にそれは家族に向かっていくんじゃないかなと思います。基本的にラップは自分の話をするジャンルでもあるので、自分のルーツである家族に向かうことは自然なんです。おそらく妄想で書くようなスタイルの音楽だったら、あまり家族の話は出さないと思うんですけど。USでも2パックとか有名なアーティストも家族の事を歌っていますし。 ――私の中では割と日本ならではのスタイルなのかなと思っていました。  全然そんな事ないんです。むしろ、日本人だから家族の事を歌うことに「また家族のことを歌っているよ」と、茶化している人も中にはいますからね。海外ではそんな風に茶化す人はいないと思うんです。おそらくヒップホップをストリート感の中で見ているから、熱いことや本気の事を言うと、違和感を感じる方たちなんじゃないかなと。ヒップホップはもっとコンシャスな音楽だと思います。 ――LITTLEさんは世には出ていないけれど、これまでに家族の感謝をテーマにした歌にチャレンジしようと思ったことはあったのでしょうか。  それすらなかったんです。今回もここまで父に向けた曲になるとも思っていなくて、物語として少しは触れなければいけないなと思っていた程度で。結果的に違うところに入れ込めるようなストーリーではなかったので、思い切って舵を切りました。 ――この曲を聴いて私は親孝行したいと思わせてくれました。  割と僕は実家の近所に引っ越して、自分の中では親孝行したと思っていたんです(笑)。自分の成長した表情で、「ほら立派になっただろう」って。 ――最後の<大人になる>という言葉にその想いも入っている気がします。ちなみにミュージシャン、アーティストになることに関してはご両親は賛成だったんですか。  そうですね。でも、ラップに関しては理解はしていなかったと思いますよ。KICK THE CAN CREWで良い感じに盛り上がっていった時に、父が自慢気に「俺は音楽の成績は良かったんだ」と友達に話しているのを見ていたんですけど、僕の中では「音楽の成績とラップは関係ないぞ」と思って冷ややかに見ていたんですけど(笑)。 ――そうなんですか。  だって自分は音楽の通知表、中学1年から中学3年までずっと1しか取ったことないんですよ。最初から最後まで「1」だった科目は音楽だけ(笑)。音楽は好きだったので、ラップがあって本当に良かったです。 ――中学生の時からラップはもう聴かれていたんですか。  その時はスチャダラパーとかは聴いていましたけど、それまではバンドブームの時だったので、バンド系の曲をよく聴いていました。小学校の時の写真でレピッシュのマグミさんが『WHAT's IN?』という雑誌でスカーフを首に巻いていたんですけど、僕も真似して同じようなのを買いに行って巻いてました。今見ると『仮面ライダー』みたいな感じで(笑)。当時はインディーズの音楽も流行っていたのでよく聴いていました。 ――そこからラップ、ヒップホップに出会って今のLITTLEさんがいるわけですね。そういえばヒップホップ自体の歴史はそんなに長くないんですよね。  ラップ自体は結構昔からあると思うんだけど、ヒップホップというジャンルはそんなに長くないと思いますよ。USも日本もそんなに歴史は変わらないと思います。

【関連記事】