Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

’20ヘルメット最新潮流×6ポイント【超大型スポイラーからスマートヘルメットまで】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

[1] 超大型スポイラー:モトGP仕様の市販版が登場

モトGPとスーパーバイク世界選手権(SBK)向けヘルメットの市販版として、大型リヤスポイラー搭載のフルフェイスが登場したのが’20年最大のトレンド。レースを管轄するFIMが新規格「FRHPhe-01」を制定し、’19年6月3日以降はこの規格の取得が義務付けられた。X-14のように従来品で公認を受けた製品もあるが、新開発されたモデルも多く、これが一般にリリースされることに。超高速域の安定性が抜群で、もちろん公道走行もOKだ。 ――Arai RX-7X FIM Racing #1 ――SHOEI X-Fourteen ――X-LITE X-803RS ULTRA CARBON ――SHARK RACE-R PRO GP FIM RACING #1

[2] ピンロックシート:二重構造で曇りをシャットアウト!

低温や雨によるシールドの曇りを防いでくれるのが二重構造のシールドだ。現在の主流は「ピンロックシート」。偏芯ピン付きの専用シールドの内側に、薄いアクリル製のシートを装着することで温度差を緩和し、曇りを防ぐスグレモノだ。 ――ピンなしのシールドにも貼り付けて装着できる、汎用のウインズ製「フォグウインプラス」(3300円)も販売中。ゲル状の特殊粘着材付きシートで、密着性は高い。

[3] サンバイザー:スモークとクリアを瞬時に切り替え

スモーク仕様のサンバイザーを帽体に内蔵し、スイッチひとつで出し入れできるヘルメットが流行中だ。日中はバイザーで眩しい日差しを遮り、トンネルなど不意の暗転にも即対応。夜はバイザーをオフにし、常に良好な視界を保てる。状況が刻々と変化するツーリングに便利だ。 ――シールド外側にバイザーを装着するアウター型のアライ・プロシェードシステム。対応ヘルメットならバイザーを後付けできる。

[4] インカム対応:スピーカーをスマートに収納

音楽や通話を楽しめる人気のインターカムは、メット内にスピーカーを搭載する必要がある。昔は設置に苦労したが、最近はスピーカー用ホールを設けるなどインカム装着を考慮したモデルが増加中だ。 ――SHOEI ネオテックIIなどのように、専用インカムをビルトインできる製品も登場。空力が有利で外観もスマートだ。 ――インカム対応モデルは、パッドを外すとスピーカーを収めるホールが出現。耳元がキツくならない。写真のようにコードを通す溝を設けたモデルも。

【関連記事】