Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ危機で存在感高まるフィンテック 資金繰りに窮する企業にオンライン融資

配信

THE PAGE

 コロナ危機によって多くの企業が資金繰りに奔走する状況になっています。審査に時間がかかる既存の金融機関に代わって存在感を高めているのが金融とITを融合したフィンテックと呼ばれるサービスです。

手続きに時間がかかる行政の支援策までのつなぎに…

 政府が緊急事態宣言を発令したことから、飲食店などを中心に売上高が激減する企業が増えています。政府や自治体は各種の支援策を講じていますが、手続きに時間がかかり、すぐに支援金が手に入るわけではありません。銀行など既存の金融機関も同じで、新規の融資には審査に時間がかかるというのが現実ですし、資金繰りに窮したところには、基本的にお金を貸したがりません。  こうした中、政府や自治体の支援金が振り込まれるまでのつなぎ資金として注目を集めているのが、フィンテックを活用したオンライン融資と呼ばれる新しい金融サービスです。オンライン融資は、紙の書類や担保などを必要とせず、ネット上で審査などの手続きが完了します。純粋な融資の場合、事業者が提供するクラウド会計サービスに加入していることが条件となるケースが多くなっていますが、会計サービスを通じて、企業の資金繰りは事業者側が常に把握していますから、審査がほぼ自動的に行われます。

売掛債権を買い取るファクタリング

 このような会計サービスに入っていなくても、支払いが確定している売り上げが存在している場合には、ファクタリングと呼ばれるサービスを利用できます。ファクタリングは、企業の売掛債権を買い取ることで、企業に素早く資金を提供するサービスです。  ある企業が顧客に請求書を送付済みで、入金が2カ月後だとします。本来は2カ月経過しないとお金は振り込まれませんが、ファクタリングの事業者は、その請求書を買い取ることで、手数料分を差し引いた金額を即座に振り込んでくれます。2カ月後、顧客から入金されたお金を事業者に提供して最終的に取引は完了します。このサービスは、売掛債権が本物で、顧客企業に支払い能力があることさえ確認できればよいので、審査が極めて迅速です。近年、主流となっている2社間のファクタリングであれば、顧客企業にはこのサービスを利用したことは知られません。 フィンテック企業が提供するこうした新しい融資は基本的に高金利ですが、多少、金利が高くても、迅速に対応してくれるのであれば、企業にとっては利用価値が高いでしょう。  これまでフィンテックと呼ばれるサービスは、その名前こそしばしば耳にするものの、あまり普及しているとは言えませんでした。コロナショックをきっかけに企業向け金融サービスの世界も大きく変わることになるかもしれません。 (The Capital Tribune Japan)

【関連記事】