Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

叫んで激走する警官、犯人確保も…仲間に連絡できず 異変感じた男性、代わりに連絡 上空の県警ヘリにも

配信

埼玉新聞

 埼玉県鶴ケ島市内の茶畑を駆け足で逃走する男の逮捕に貢献したとして、同市道路建設課の斎藤雄二郎さん(57)が、西入間署から感謝状を贈られた。「無我夢中だった」と振り返る斎藤さんに、報告を受けた斉藤芳久市長は「よくやった」とたたえた。 走る犯人、追う警官 近くの高2が警官に自転車貸すも…走って追い付き犯人確保 県警が表彰、高2の正体は

 6月3日午後2時ごろ、同市脚折町の北ケ谷戸児童公園で、ブランコや滑り台など遊具の点検業務を行っていた斎藤さんは、近くで鳴りやまないパトカーのサイレンに異変を感じた。数十メートル先の民家の庭先から突然、「待て!」と叫びながら激走する警察官が現れた。  作業を中断し、先回りするように近くの茶畑の方に向かった。うねの間で、うつぶせに倒れている外国人の男を警察官が1人で背後から取り押さえていた。警察官に胸元の無線を取る余裕はなく、「110番通報してください」と斎藤さんに要請した。通報後も上空のヘリコプターに向け、スマートフォンで状況報告を続けたという。男は逃走中に民家の敷地に立ち入った容疑で、その場で現行犯逮捕された。  逮捕劇は斎藤さんの実家の茶畑で起きた思わぬ事態だった。「いま考えると怖い気もする。ここは、子どもの頃から遊び、慣れ親しんだ自分のテリトリーだという思いが、自然と体を動かしたのかもしれない」と斎藤さん。「市民の安全に少しでも貢献できたのであれば、うれしい」と笑顔を見せた。

【関連記事】